昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

巨人入りの岩隈久志 「リスクが大きすぎる獲得」と言われる理由

決め手は「原監督の言葉」と語った岩隈 ©共同通信社

「非常に強い味方が1人、チームに加わったという感想です。胸を張って思い切ってジャイアンツで戦って貰いたい」

 ビヤヌエバ、中島宏之、炭谷銀仁朗、丸佳浩に続く今オフの巨人の“金満”補強第5弾、岩隈久志投手(37)の獲得に際し、原辰徳監督は嬉しそうにそう語っていた。

 巨人フロントもV9時代に入る前、国鉄から巨人に移籍した金田正一投手の名前を挙げ、「(その練習量を見て)巨人は変わった。若い選手も感じるものがあると思う」と波及効果を期待するが、ベテラン記者はこう苦笑する。

「急に400勝投手の金田さんの名前なんか出して、岩隈の価値を盛ろうとしてるとしか思えない。そんなアピールをしないといけないほど、今の岩隈には価値がないと言ってるようなものだよ」

 具体的にはどういうことか。

「岩隈は、ここ2年でメジャーでは6試合しか投げていない。去年9月に右肩の手術をしてからは、今季の終盤に1Aで3イニング投げただけですから」(同前)