昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

週刊文春版「本当に見たい紅白歌手」2018アンケート結果を発表!

「週刊文春」のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手」「出てほしくない歌手」のランキングが確定した。「出てほしい歌手」部門の1位は938票を集めた男性2人組のシンガーソングライター・C&K。「出てほしくない歌手」部門の1位は1313票の得票で和田アキ子(68)という結果になった。

「出てほしい」1位のC&K(C&K事務所提供)

 アンケートは昨年に続き2回目。11月27日から12月13日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、下は12歳から上は89歳まで、回答総数は昨年の約1.2倍となる5400票超にのぼった。

 C&Kは前回も2位だった。今年は夏ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)の主題歌にシングル「ドラマ」が抜擢。今回もファンが大挙して本アンケートに回答した。

 C&K本人は小誌に「確実に世論と違うランクインに照れています。来年こそ紅白出場の夢を叶えるため、“期待の新人”12年目がんばります!」などとコメントした。

「出てほしい歌手」部門で注目すべきは、2位にランクインした西城秀樹(享年63)。追悼企画への期待が高まっている。3位は「Lemon」や「Flamingo」が大ヒットした米津玄師(27)。また、6位にはSMAP、18位には新しい地図が入った。

SMAP待望論を両事務所はどう聞く? ©文藝春秋
米津玄師「Flamingo」

「出てほしくない歌手」部門のワースト3は前回とまったく同じ顔触れとなったが、1位の和田の得票は減り、そのぶん2位のAKB48と3位の嵐の得票が増えた。今年デビューし、大ヒットを飛ばしたジャニーズの新星・King & Princeは意外にも7位に。「紅白は早すぎ」(16・女)など10代から猛反発があった。

 12月20日(木)発売の「週刊文春」では、紅白歌合戦に「出てほしい歌手」「出てほしくない歌手」両部門のベスト30とワースト30を掲載。久々の出場を決めたDA PUMPのISSAやブラックマヨネーズの小杉竜一らのコメントとともに詳報している。

※本アンケートは「文春オンライン」メルマガ会員を対象に11月27日から12月13日まで実施しました
※本アンケートは「文春オンライン」メルマガ会員を対象に11月27日から12月13日まで実施しました
この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

出典元

貴乃花一家離別を招いた河野景子(54)・優一(23)異様な「母子密着」

2018年12月27日号

2018年12月20日 発売

特別定価440円(税込)