昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「ポスト二階」に3人の名前 側近を幹事長にしたい安倍首相の本音

来年2月には80歳に ©文藝春秋

 自民党の二階俊博幹事長(79)の病欠が、総裁選以来、凪だった党内を一気にざわつかせた。政治部デスクは「今回の不在が、鬱積していた二階氏への複雑な思いを表面化させた」と語る。

 党は12月4日、インフルエンザによる病欠を発表。その後、高血圧の症状で検査入院することを10日に公表すると、「重病では?」「脳梗塞か」などと緊迫感が広がった。

 となると人事話が燃え盛るのが永田町の常。党関係者曰く「ポスト二階で名前が取りざたされたのは甘利明選挙対策委員長、竹下亘前総務会長、岸田文雄政調会長でした」。

 安倍晋三首相が2012年に総裁に復帰後、幹事長に就けたのは石破茂、谷垣禎一、二階の三氏。首相とは距離がある大物を幹事長にすることで疑似的に挙党一致を演出し、官邸主導に対する党内の不満を和らげてきた。ところが後継候補に名が挙がったのは、先の総裁選で石破氏を推した竹下氏以外は首相にごく近い面々。政治部記者は「側近を幹事長に据えたい首相の本音がにじみ出た」。実際、首相は周囲に、側近の萩生田光一幹事長代行の名を上げ、「幹事長不在なら代行が幹事長だろ」と軽口を叩いた。