昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載DMM亀山会長に聞いてみた。

「みんなと友達でいよう」とする人が陥る寂しさの“ワナ”――DMM亀山会長に聞いてみた

かめっち会長の相談室

2019/01/08

Q 陰で悪口を言うサークル仲間。本当の友達になる方法は?

 私が大学で所属するサークルは、表面上は仲良しですが、陰で悪口を言い合っていて、あまり人間関係が良くありません。私も嫌われたくはないので、空気を読みながらみんなに合わせていますが、気持ちがスッキリしません。みんなが本当の友達になれる方法はあるものでしょうか。(20歳・女性・大学生)

A 「みんなと友達でいよう」なんて思うから「上っ面の付き合い」になる。

 本当の友達が欲しければ、本音をぶつけて喧嘩になっても、それでもまた会いたいと思えた人とだけ友達になればいいよ。

 そもそも、学生時代の人間関係なんてのは期間限定で、卒業したら滅多に会わなくなるもの。なくしても困らないし、嫌なら二度と会わなければ良いだけの関係。

 でも、そんな気楽で利害関係がない学生時代だからこそ、親友を作るチャンスだとも思うよ。

 キミがもうすぐ出て行く社会では、いやでも建前の人間関係が増えていく。会社の上司や同僚、仕事の取引先、近所のママ友などなど、生活に直接影響のある付き合いの中では、どうしても人間関係を壊したくないから、本音が言えなくなる。

「ともだち100人できるかな〜♪」って歌があるけど、友達は量より質。遊び友達100人より、自分の本心を言える1人のほうが、ぜんぜん価値があるんじゃないかな。

 もちろん君が恐れるように、本音を言えば嫌われるかもしれない。でも、間違いないのは、本音を言わない人には、本音を言ってくれる友達はできないってこと。

 人は寂しいから、愛想笑いで無難な付き合いをして、SNSでフォロワー数を競う。でも、そんなリスクのない関係をいくら集めても、寂しさは埋められないよ。

 人生100年時代なんだから、残りの学生生活でハブられても大したことはない。それより、キミが気持ち悪く感じてる今こそがチャンスだよ。

 孤独を恐れずに本音でぶつかってみようぜ〜!

 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム