昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ホイットニー・ヒューストンが抱えていた“根本的な問題”とは? 「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」を採点!

シネマチャート

〈解説〉

80~90年代を代表する女性歌手ホイットニー・ヒューストンの伝記映画。生い立ち、歌手としての栄光と薬物中毒による転落、突然の死が丁寧に描かれる。その上で、衝撃の新事実と、彼女が抱える根本的な問題をあぶり出したのは、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞作『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』など、数々の名ドキュメンタリー映画を手がけているケヴィン・マクドナルド監督。ホイットニー・ヒューストン財団の全面協力により、初公開となるホームビデオの映像をはじめ、貴重なアーカイヴ映像や記録写真がふんだんに使われている。証言者として、親族やスタッフ、元夫のボビー・ブラウンや『ボディガード』で共演したケヴィン・コスナーらも登場する。120分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆実力にも美貌にも恵まれたのにスーパースターならではの罠に。心は少女のままだった? 貴重な映像と証言で手がたく。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆奇跡的に伸びるあの歌声の陰に、ここまで破滅的な要因が潜んでいたか。秘話に驚く以上に、本人の「隠れ方」が痛々しい。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆「ボディガード」の絶頂期しか知らなかったので、あの最期には愕然。デビュー場面の声の美しさと親族の怖さは強烈。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆もう少し音楽や対象への愛が欲しい。芸能の光と影。歌姫の公と私を深く抉る覚悟は徹底しており見応え充分。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆画面いっぱいに悲劇の歌姫の笑顔と80年代の陽気で元気な米国。赤裸々な周囲の声は裁判員の証言の様。物哀しい衝撃作。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 WH Films Ltd

INFORMATION

「ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~」(英)
1月4日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:ホイットニー・ヒューストン、シシー・ヒューストン、エレン・ホワイト、メアリー・ジョーンズ、パット・ヒューストン ほか
http://whitneymovie.jp/

出典元

貴乃花 全激白<10時間> 「<長男>優一に花田を名乗る資格なし」

2019年1月3・10日号

2018年12月26日 発売

特別定価460円(税込)