昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

落合陽一×古市憲寿「平成の次」を語る #4 「なぜ小説という“古いメディア”に取り組むのか?」

「平成」という時代は終わらない

2019/01/04

source : 文學界 2019年1月号

genre : ニュース, 社会

 メディアアーティスト・落合陽一氏と、小説「平成くん、さようなら」を発表した、社会学者・古市憲寿氏。「平成育ち」のトップランナー2人の対談4回目!(#3より続く)(『文學界』2019年1月号より転載)

◆◆◆

宗教というサブスクリプション・モデル

落合 最強のゴーグルや最強のパワードスーツを開発して、「一個100万円です」と売っていく――日本人はこういうのが好きですよね。実際に販売される物質が動いているし、それを製造するために工場が動いているから。でも、それは物質価値が減少する時代には全然儲かるスタイルではなくて、たとえば家にバーチャルペットを置いて月額3000円とか、付加価値の限界費用がゼロのサービスを生み出したやつが儲かるんですよ。なぜそのサービスにお金を払っているのか、まるで合理的な説明がつかないけど、利便性へ物質価値と関係なく毎月支払ってしまう。そういうサービスが日本ではなかなか出てこないんですよね。

古市 今は通信料ぐらいしかないよね。あとは国や地方自治体に払う社会保険料と住民税くらいでしょう。他にサブスクリプションでお金を取れる可能性があるとすれば、それが宗教なのかもしれない。「月に何百円か払えば、毎月お祈りしてくれる」とかね。

落合陽一氏

落合 有史以来、日本がそういうので儲けたことはあるのかな?

古市 お寺はそうじゃない? うちの実家だって、お寺に特に何かしてもらってるわけじゃないのに、お墓を維持するためのお金ということで年間5万ぐらい払ってるよ。あれも一種のサブスクリプションだよね。

落合 そこで「宗教」に戻る。宗教的義務感があるようなものには課金しているということですよね。墓になぜお金を払うかというと、それが一つのブランドだからですよね。仏教が積み上げてきたブランドがあるから、「そのお金を払わないのはまずい」という宗教的義務感がある。

 そういうブランドを、いかに作ることができるか。たとえば、学習塾だってブランドだなと思うんですよ。つまり、入試というヤバいものがあって、それに立ち向かうための合理的な判断がつかないけど、とりあえず夏期講習代を何十万か支払うことで安心する。大学もブランドだと思うんですよ。僕も大学で学長補佐をしていますが、対価とサービスの基準はわかりにくい。僕が授業をして、授業料をもらう。それは一見合理的に見えるけど、なぜそこにお金が発生するのかというと、それがブランドだからですよね。そうやってついうっかりお金を払っているものを増やして、「物質性がなくともお金は動くのだ」ということを身に沁みさせないといけない気がする。そう考えると、紙に印刷した雑誌をお店に置くのやめていただきたいですね。紙に印刷された雑誌にお金を払うんじゃなくて、物質性のないコンテンツにお金を払うようになって、その後、神は家に届くみたいな。