昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ジャニーズ「Love-tune」退所発表当日、リーダー安井謙太郎が事務所を訪れた理由とは

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 11月30日、ジャニーズJr.のファンクラブ「ジャニーズジュニア情報局」の会員向けサイトにて、ジャニーズ事務所からの退所を発表した「Love-tune」。

 Love-tuneは2016年5月に結成。リーダーの安井謙太郎(27)をはじめ、真田佑馬(26)、諸星翔希(24)、森田美勇人(23)、萩谷慧悟(22)、阿部顕嵐(21)、長妻怜央(20)の7名で活動をしていたジャニーズJr.内の人気ユニットだ。2017年10月にはZepp Diver Cityで初の単独公演を、2018年3月には単独で横浜アリーナを満席にし、大成功を収めていた。しかしその横浜アリーナ単独公演以降、露出は激減していた。

©文藝春秋

 突然の退所発表にファンは意気消沈。そんな中、翌12月1日にはリーダーの安井がパーソナリティを務めるラジオ番組「らじらー!サタデー」(NHKラジオ第1)の中で、「昨日の発表で、たくさんの方々にご心配と本当に悲しい思いをさせてしまって、本当に申し訳ありません。僕たちは全員、皆さまが応援してくださったからここまでやってこれたと思っております」などと感謝の言葉を口にした。

 取材班は、退所発表当日に事務所を訪れる安井の姿を撮影した。実はこのとき、安井は藤島ジュリー景子副社長に直談判するために事務所に乗り込んだのだった。

事務所へ直談判に向かうLove-tune安井謙太郎 ©文藝春秋

「週刊文春デジタル」では安井の“ジュリー氏直談判”の経緯や当日の模様、元メンバーの近況などをオリジナル記事で詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。