昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「3人だけでもファンの前で歌ったらないと」 笑福亭鶴瓶と草彅剛が6年ぶりに語り合った!

『週刊文春WOMAN』創刊号 12月29日発売

「お前ら3人だけでもファンの前で歌ったらないと」(鶴瓶)
「期待に応えていきたいなっていうのは、3人とも思ってます」(草彅)

 本日12月29日(土)に発売となった『週刊文春WOMAN』(年3回刊)創刊号では、笑福亭鶴瓶と草彅剛が6年ぶりに再会。当代一の聞き手であり、デビュー時からSMAPをいちばん近くで見てきた一人である鶴瓶によって、平成の芸能史を体現する存在だった彼らの「これまでとこれから」が全14ページにわたって、たっぷり語られている。

©杉山拓也/文藝春秋

 対談が行われたのは今年10月。直接会うのは久々と言いながら、あっという間に打ち解けた二人は、約2時間の対談中、ときに笑い転げながら、終始リラックスした様子で言葉を交わした。

©杉山拓也/文藝春秋
©杉山拓也/文藝春秋

「最初にお前ら見たの、大阪の厚生年金会館の大ホールやったかな」(鶴瓶)
「まだ10代でしたからね」(草彅)

「40過ぎて必死になれる新しいことがあるって、幸せやと思わなあかんで」(鶴瓶)
「この1年で、方向性がしっかりと見えてきた」(草彅)

「こっちにはいつ戻ってくるねん。俺らと一緒に出るのは?」(鶴瓶)
「それはべーさんに窓口になっていただいて(笑)」(草彅)

©杉山拓也/文藝春秋

 創刊号ではほかにも、『週刊文春』2018年1月4日・11日号に掲載された「萩本欽一×香取慎吾対談」、『週刊文春』2018年8月16日・23日号に掲載された「阿川佐和子×稲垣吾郎対談」という、伝説の名対談を再録。「新しい地図」プロジェクトがスタートして以来、一年の歩みを3人の言葉で振り返ることのできるつくりになっている。

萩本欽一×香取慎吾対談(『週刊文春』2018年1月4日・11日号)
阿川佐和子×稲垣吾郎対談(『週刊文春』2018年8月16日・23日号)

週刊文春WOMAN (文春ムック)

 

文藝春秋

2018年12月29日 発売

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。