昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

99歳まで拘置所生活!? 韓国・朴槿恵が単独房で読みあさる漫画とは?

2019/01/14
釈放されるのは2050年頃? ©共同通信社

 17年3月末の逮捕から1年10カ月ほどが経った朴槿恵前大統領(66)。その年の10月に“裁判ボイコット”を宣言して以来、法廷にも姿を見せていないが、収賄罪などに問われた昨年8月の控訴審では懲役25年、罰金200億ウォン(約20億円)の実刑判決が下されている。ここに、公職選挙法違反など他の判決も加えれば、量刑は計33年。99歳まで拘置所生活を強いられる計算だ。

 現在収監されているのはソウル拘置所の単独房。広さはトイレを含めて僅か3坪ほどだ。猛暑だった昨夏はエアコンなしの扇風機1台と、500ミリリットルの氷入りミネラルウォーターを1日1本飲んで、暑さを凌いだという。だが、長引く拘置所生活で腰痛が悪化しているようだ。「椎間板ヘルニアだからベッドを入れてほしい」と依頼したものの、拘置所側の回答は「特別待遇は認められない」。結局、マットレスを特別に一枚追加してもらった。