昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

テレ東の裏エース? 75歳・北大路欣也が“最年長視聴率男”と呼ばれるワケ

演劇の初舞台は早大時代の「リア王」 ©共同通信社

 2月で76歳になる北大路欣也の快進撃が続いている。新春を飾るテレ東・金曜夜8時のドラマ枠で「記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜」に主演。車椅子に乗った司法係長役を演じる。

「一昨年も同じ時間帯、通称“おっさんドラマ枠”で人気シリーズ『三匹のおっさん』第3弾に主演した、テレ東の裏エース的存在。他局でも昨年7月期は東山紀之(52)主演の『刑事7人』(テレ朝)で脇を固め、年末特番『剣客商売』(フジ)では主演するなど健在ぶりを示した。単なる画面の重しではなく、明らかに数字を持っている。“最年長視聴率男”です」(放送記者)

 東映時代劇スター、市川右太衛門の次男として13歳で映画初出演。「仁義なき戦い」シリーズ、「八甲田山」「夢千代日記」など数々の名作に名を連ねた。

 邦画全盛期を知る数少ない生き残りだが、24歳の若さでNHK大河ドラマ「竜馬がゆく」(68年)に主演するなど、テレビ進出も早かった。芸能デスクがいう。

「大河はすでに8回出演しているし、徳川家康、大石内蔵助、勝海舟をそれぞれ複数回演じるなど、時代劇俳優として無二の存在。『子連れ狼』は萬屋錦之介から、『剣客商売』は藤田まことから主人公を引き継いだ形ですが、大物の後釜でも自分の色に染めてしまうのが北大路の凄味。現代劇も『華麗なる一族』の銀行頭取、『運命の人』の首相、『ドクターX』の病院総長など、“偉い人”をやらせたらとにかくはまる」