昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

個人でも都心の優良不動産のオーナーに!資産の分割が容易な不動産投資の新たな選択肢

コスモスイニシア

 一棟投資用不動産を複数の投資家で共同出資し、所有する共同出資型不動産をご存じだろうか。都心の一等地で新たに売り出される共同出資型不動産を紹介する。


一口500万円で購入可能 共同出資型不動産


コスモスイニシア ソリューション事業部
投資運用商品課 山内崚汰氏

コスモスイニシア ソリューション事業部
投資運用商品課 山内崚汰氏

 相続対策として、また資産運用手段として効果を発揮する共同出資型不動産。1棟の不動産を複数の投資家が共同で出資し、所有権を持つことになる。「一口単位で取得できるので投資額の調整が可能です。また賃料を原資とした分配金を期待しつつ、相続時の分割も容易で、実物不動産と同じ税務効果が期待できます」――。こう話すのは、共同出資型不動産『セレサージュ』を販売するコスモスイニシアの山内崚汰氏だ。

 同社の共同出資型不動産の第1弾は2017年に販売した『セレサージュ代官山』だ。「代官山駅徒歩1分の商業施設のオーナーに、一口1000万円からなれるため、全国の投資家さまから好評でした。この度、第2弾となる『セレサージュ表参道』の販売を開始いたします。今回は日本有数の商業地として知られる表参道駅から徒歩6分の新築商業ビルです」近隣で大規模な開発が進められているエリアの一画でもあり、今後地価や賃料の上昇も見込める。また今回は一口500万円(最低出資単位は二口)からと一層投資しやすい商品になった。年に2回、持ち分に応じて分配金が支払われる。

 
 

 こうした共同出資型の不動産は他社でも取り扱いがあるものの「今回は新築物件の開発から設計、販売、管理まで一貫して行える点が当社の強み」と山内氏。『セレサージュ』というブランド名はセレクションとサージュ(フランス語で「賢い」の意)を合わせた同社の造語。『セレサージュ表参道』は、相続に悩む多くの人にとって、賢者の選択となるはずだ。

 

提供:コスモスイニシア

お問い合わせはTEL:0120-006-253