昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

三浦知良51歳 後輩たちが引退しても現役でいられる理由

J1、J2通算567試合、163得点を誇る ©文藝春秋

 現役最年長Jリーガー、カズこと三浦知良(51)がJ2横浜FCとの契約を更新した。国際サッカー連盟公式ツイッターでも紹介されるなど、世界の関心事になっている。

「背番号『11』にちなんで1月11日11時11分に更新を発表するのは毎年恒例。昨年末の第一次グアム自主トレでは変わらずハードなトレーニングをこなしており、プロ34年目のシーズンに向けて精力的に追い込んでいるようです」(スポーツ紙デスク)

 今オフ、川口能活、小笠原満男、中澤佑二、楢﨑正剛と日本サッカー界を牽引してきたレジェンドたちが次々に現役引退を表明。「よもや」とカズの去就にも注目が集まったが、無事に更新となった。

 とはいえ2月のリーグ開幕直後に52歳を迎えるカズに出場機会はあるのか。「リーグ戦でゴールを挙げた最年長プロ選手」(50歳14日)としてギネス認定されているものの、昨年は4年ぶりに先発ゼロ、得点ゼロに終わった。