昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東大合格50人駒場東邦「入試パワハラ」「理科室不倫」で校長更迭

 毎年50名前後を東大に送り込み、「開成・麻布・武蔵」の御三家につぐ新・御三家の一つとして知られる進学校の駒場東邦中学校・高校。同校で、パワハラ、セクハラ問題が発生し、平野勲校長が退任することが「週刊文春」の取材でわかった。複数の教職員によれば、1月8日の職員会議で平野校長は「理事長の命令により、今年度いっぱいで校長を辞めることになりました」と説明し、事実上の更迭であることを明かした。

平野校長(学校HPより)

 スキャンダルが発覚したのは昨春のことだった。

「男性教諭のA氏からセクハラを受けたという女性職員の申し立てがあり、3月20日付でAさんは出勤停止1カ月の処分となりました。被害者と加害者の2人は飲み友達から不倫関係に発展。校内の理科準備室で逢瀬を重ねていたようで、“痴情のもつれ”の側面もあったようです」(職員)

 同時期にパワハラ疑惑も起きていた。

「前年度の入試に関する会議で『東大の合格者数が減ったのは指導に問題があったのでは』と発言した男性教諭B氏に対し、『私の指導が悪かったというんですか!』とある女性教諭がパワハラだと訴えたのです。内部調査でパワハラでは“シロ”と認定されましたが、B氏が生徒に対し、『いわれなき嫌疑をかけられた!』と暴露し、校長らの対応を批判したのです」(同前)

80年代から進学実績を伸ばした駒場東邦中学校・高校 ©文藝春秋

 結局、処分理由は不明のまま、B氏は出勤停止処分に。それ以降、A氏、B氏の自宅謹慎が続いているという。

 ある学校関係者は、校長の対応に疑問の声を上げる。

「校内では、『A、Bに非はあるものの、1年近い謹慎はいくらなんでも重い』という意見が大半です。法人本部も校長に対し、『早く復職の計画を作るように』と指示しましたが、校長は何ら動くことはなかった。その不可解な対応を問題視し、理事長が校長更迭に踏み切ったのです」

「週刊文春」が平野校長に取材を申し込むと、一度は応じる姿勢を見せたものの、取材当日になり「そんなアポイントメントはありません」(応対した別の職員)とドタキャンした。その後、書面で質問状を送ったが、学校側が期日までに回答することはなかった。1月24日(木)発売の「週刊文春」では、職員会議での様子など校内の混乱も含め、詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

出典元

小室圭の乱 「眞子さま洗脳」

2019年1月31日号

2019年1月24日 発売

定価420円(税込)