昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小林麻央「進行性乳がん」を支える麻耶との姉妹愛

source : 週刊文春 2016年6月23日号

genre : エンタメ, ライフスタイル, 医療, 芸能, テレビ・ラジオ

「この年末年始には、入院中の麻央さん(33)にかわって、長女の麗禾(れいか)ちゃん(4)と長男の勸玄(かんげん)くん(3)の世話をしています。麻央さんの家でかくれんぼをしたり、海老蔵さんと四人で品川の水族館に出かけたりもしていました。

 姪っ子、甥っ子の出産にも立ち会ったこともあり、溺愛しているんです。この前も『プレゼントを買い過ぎて、麻央に怒られちゃった』と話していました。『おばちゃん』と呼ばれたくなくて、『ねぇね』と呼ばせているそうです」(テレビ局関係者)

 これは病床の妹を献身的に支える姉・小林麻耶(36)の知られざる逸話である。

「麻央はしばらく来られません」

 昨年11月30日、京都南座「吉例顔見世興行」の初日。市川海老蔵(38)は片岡仁左衛門ら大幹部の楽屋を回って、“妻の不在”を説明したという。贔屓筋への挨拶が重要な務めである梨園の妻にとって初日を不在にするのは異例のことだ。

 関係者が麻央の姿を最後に見たのはその5日前。歌舞伎座の公演で息子・勸玄くんの「初お目見え」となる公演のときだった。

「麻央さんは和服姿で各楽屋を回り、『よろしくお願いします』と挨拶をしていました。もともと体が細いということもあり、異変には気付きませんでした。今になって当時の映像を見ると、顔がむくんでいるようには見えますが……」(歌舞伎座関係者)

 真相が明らかとなったのは6月9日だった。海老蔵は記者会見でこう述べた。

「進行性の……単刀直入に言うと、乳がんです」

 闘病はすでに1年8カ月に及ぶという。

「30代前半で発症する乳がんは多くありません。麻央さんは乳がんに罹りやすい肥満タイプではないし、出産もしている。リスクファクターがあまりないのに、と意外に思いました」(鳥海弥寿雄・慈恵医大病院乳腺・内分泌外科診療医長)

3日連続「春雨の酢の物」

 記者会見で海老蔵は妻の病状を「深刻」と説明。長男の初お目見えをめぐる夫婦のやりとりについても明らかにした。

「すでにそういうことだったので、休むか、歌舞伎座に行かないかという話し合いをした上で、本人としては初お目見えということで、覚悟を決めた上でした。初お目見えといっても25日間ですので、私としてもそれでいいのかという思いもありましたが、その形を取りたいということでした」

 名門・成田屋の妻としての務めを果たしたのだ。6年前の結婚当時は未熟だった料理の腕前も、必死の努力で磨き上げたという。

「舅の團十郎さんの朝食には、テーブルに10品並べるのが習慣でした。麻央ちゃんは姑の希実子さんから習って前の晩から懸命に作っていました。海老蔵さんには野菜を中心に心がけて、春雨の酢の物を作ったときには『うまい、また作ってよと言われた!』と大喜びしていて、3日連続で出したそうです」(麻央の友人)

美男美女の結婚報告 ©文藝春秋

 その歌舞伎界でも彼女の病状を知る人は本当に限られた一部だった。

「事情を知らない人に麻央さんのことを訊かれても、海老蔵さんは『相変わらずですよ』と笑ってごまかしていました。知っている人にも『大変だけど、家のことはお手伝いさんが交代でやってくれているから』と話していたんです」(海老蔵の友人)

 極秘の闘病生活を支えていたのが、姉の麻耶だ。冒頭の証言のように、麻耶はタレント活動の合間を縫うようにして姪っ子たちの面倒を見ていたのである。

 麻耶はテレビ4本、ラジオ1本のレギュラー番組をこなしていた。だが、5月19日の生放送「バイキング」(フジテレビ系)で、体調を崩して途中退席するというアクシデントが起きてしまう。6月1日には、過労による体調不良を理由に、当分の間休養することが発表された。

「パニック障害ではないかとの噂が駆け巡り、取材に動いた週刊誌もあった。『週刊新潮』(6月16日号)は、結婚、出産と順調に人生のステップを上がる妹との“格差”に悩んでいたのではないかと報じていましたが、全くの邪推です」(芸能記者)

 実際には妹は深刻な病を抱え、姉はその闘病を支えていたのだった。

 麻耶の知人が語る。

「彼女はすごく気を遣う人です。バラエティー番組だと、どうしても笑顔のキャラを求められるし、それに応えようと必死になる。麻央さんとの話もよく振られるので、頻繁に家に遊びに行くという話をすると、『迷惑だろう』と突っ込まれる。妹に代わって子供の世話という本当の理由を隠して、笑いで返さなくてはいけない。その状況はさぞ辛かったでしょう」

1つの傘で帰った姉妹

 ブログでは明るい話題の多い麻耶だが、15年9月23日のブログでは、やはり乳がんを告白した北斗晶について触れ、〈女性の皆さん、自分を守るため、検診に行きましょう〉と呼びかけていた。

 姉妹は、実家に住んでいた頃は一緒に風呂に入っていたというほどの仲良し。麻耶が大学時代に「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)に出演して注目を浴びると、姉の紹介で麻央も出演の運びとなった。

「麻耶がTBSのアナウンサーになり、麻央が大学を卒業してタレント活動をするようになっても、雨が降ると駅まで麻央が麻耶を迎えに行って、一つの傘で帰ったりするような仲なんです」(前出・芸能記者)

 海老蔵は会見で姉妹についてこう語っている。

「家族一丸でバックアップする中、麻耶ちゃんも隠しながらお仕事していた。家族の中で疲れというのが出てきてしまったんだろうな。麻耶さんも真面目、麻央も真面目ですし、素晴らしい姉妹だと思う」

 会見の夜、麻央はかつてキャスターを務めた「NEWS ZERO」(日テレ系)にメッセージを寄せた。

〈長い闘病ですので前向きになったり、不安になったりを繰り返しながら過ごしてきました。家族と一緒に生きるためにこれからも治療に励んでいきます。私は、とっても前向きです〉

 その姉妹愛が病に打ち克つ日を待ちたい。

小林麻耶(左)と麻央(右)の姉妹