昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「月曜断食」で10キロ以上やせた40代、50代、それぞれの事情

簡単にできる「月曜断食メニュー」ついてます

山口 知り合いの漫画家さんで、頭痛がひどくて、倒れ込むようになってなんにもできなくなったっていう人がいました。

I子 私は、もともと1日食べないでも苦にならないタイプだったので、平気でしたね。

「関口鍼灸治療院」総院長・関口賢さん ©深野未季/文藝春秋

関口 そこの差って、その方の今までの食生活とか生活習慣が大きく影響してくるんです。血糖値が急上昇・急下降するような食生活をしていた人は、最初は断食で一時的な不調を感じやすかったりしますね。

お酒が飲めるのが良かった!

山口 私は糖質制限の経験もあったから、良食期間も全然辛くなかったです。しかも月曜断食だと土日に炭水化物が食べられるし、あと毎日お酒が飲めるのが良かったです。

もとがや あ、それはそう! そこは声を大にして言いたい。お酒は糖質もあるし、おつまみ食べ過ぎたりしがちだから気をつけないといけないんだけど、先生は飲んでいいって言ってますしね(笑)。

山口 ちょっと食べものを我慢すれば夜お酒OKというのは、精神的ストレスがかなり軽減されました。

もとがや 私が糖質制限やってたときは自然と脂質が多くなってしまっていて、辛くなってきてちょっと炭水化物をプラスすると結局はデブ食メニューになっている。最初からちょっと緩めにやったほうが楽だなと実感しました。

月曜断食は身体のリセットがしやすい

関口 すべてを制限しすぎるとなかなか継続できないんですよね。身体を変えていく上では続けることが一番大切ですし、自分で食事を取捨選択する習慣がつけば、あとは比較的ラクに体重維持することができると思うんです。

もとがや 確かにそうですね。私は一度痩せたあとはほとんど何もやってないです。たまに食べ過ぎたら夜抜いたりするぐらいで、マイナス10kgをキープできています。

I子 私もわりと食べてるかも。糖質制限とかだと、やってるあいだは甘いものとかケーキとか絶対NGですが、月曜断食は「朝ならOK」だし、土日に美食日があって気が楽でした。

山口 私はお正月にけっこう太っちゃったんですけど、不食を1回して、次の日良食にしたらたった2日で体重戻せました。今までのダイエットだったら1回やめて3キロ増えたら、また3キロ戻すのにあと何ヶ月かかるんだろうって、もうやる気なくなっちゃうけど。

島田 月曜断食は身体のリセットをしやすいんですよね。今までは一度崩れると、「ああもう私ダメだ」ってズルズル食べちゃってたのが、必ず月曜にリセットがかかることで、続けてこられたと思います。

関口 みなさん、できるだけ楽に取り組めるようレシピも工夫して、ツイッターとかに上げていましたね。