昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「月曜断食」で10キロ以上やせた40代、50代、それぞれの事情

簡単にできる「月曜断食メニュー」ついてます

楽に取り組めるよう様々なレシピを考案

山口 私はトンカツの衣をおからパウダーにしたり、おから粉と卵で作ったパンもどきをサンドイッチみたいにしたりしてました。おからパウダーと卵を混ぜてレンジでチンするとパンっぽい感じが味わえるので。あと、蒸し鶏とか鶏肉を素揚げしたものに卵サラダとソースをかけて食べてましたね。

特製とりサラダプレート

I子 美味しそうー。

山口 夏には豆腐そうめんに納豆とオクラとかかけてめんつゆかけたものが楽で、職場でもサッとつくって食べてました。あとは豆腐をご飯代わりにしたチャーハン。木綿豆腐を米粒大にバーッと炒めたのをお米の代わりにして、鶏ガラスープと塩胡椒とかごま油で炒めて、卵やネギを入れるとホントにチャーハンの味がするんですよ。

ヘルシーな豆腐チャーハン

もとがや レシピってほどじゃないんですが、朝食べるよう推奨されているプレーンヨーグルトがちょっと苦手なので、きな粉、ごま、蒸し大豆、おからパウダー、ビオフェルミン、フルーツを全部載せにして食べてました。たまに蜂蜜かけたりして。あと本の巻末に載っていたラタトュイユはよく作ってましたね。

プレーンヨーグルトを載せたベジボルシチ

島田 私はボルシチかな。にんじんとじゃがいもは入れないで、キャベツとタマネギとビーツをメインにしたもの。フランス料理の糖質を抜く系というか、鶏肉のワイン煮をじゃがいもなしでタマネギとセロリで作ったりして。あとは、スーパーフードの皮つきもち麦がちょっと流行ってたんで、スプーン1杯ぶんスープに足したりして。腹持ちが全然違って良かったです。

I子 私は、鶏肉といろんな種類の野菜を入れてひとつの鍋で蒸したものをお昼のお弁当に持っていっていましたね。月曜断食メイツさんで料理の上手な人のブログを参考にしたりして。鍋に残った蒸し野菜は夜に水を足してスープにして。そのスープは豆乳と味噌と甜麺醤とかを入れて担々麺ふうの味付けにしたりしてました。

関口 月断メイツさんたちの情報網ってすごくて、ツイッター見てると、いいレシピがあったら「これ最近いい」ってすぐ取り入れるし、うまくいかないときはお互いに励まし合ってますね。