昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

本人不在でも立見が出るほど大人気 なぜ中島みゆきの歌は日本人に刺さるのか

 4月にスタートする倉本聰(84)脚本の昼ドラマ「やすらぎの刻(とき)~道」(テレ朝系)の主題歌に、中島みゆき(66)の楽曲2曲が決定。高視聴率を上げた2年前の第1期「やすらぎの郷」に続く起用だ。

「倉本氏は中島を『天才』と評するほど惚れ込んでおり、今回も倉本氏たっての願いで実現。ドラマは老人ホーム『やすらぎの郷』での物語と、そこで暮らす作家・菊村(石坂浩二・77)が書くシナリオ内の物語という二層構造。主題歌も、各々をイメージした2曲という異例な形になった」(放送記者)

比較されることの多い松任谷由実より2歳年長(公式サイトより)

 中島の楽曲はテレビ界で常に引っ張りだこだ。2000年から5年間放送されたドキュメント番組「プロジェクトX」(NHK)のテーマソング「地上の星」もしかり。

「あまりテレビに出ない中島が、反響を受け02年の紅白歌合戦に初出場。黒部ダムからの中継でしたが、『動く中島を見たい』と歌手別視聴率は52%に達した。14年には朝ドラ『マッサン』の主題歌になった『麦の唄』もヒット。その年の紅白には2度目の出場、NHKホールで歌った。昨年の紅白では、島津亜矢が中島の代表曲『時代』を歌い、楽曲だけが出場するという珍事も」(同前)