昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈アンケート〉「好きな女子アナ」「嫌いな女子アナ」2016【全文公開】

ミトちゃん、カトパン、夏目の常連にNHK桑子が…

source : 週刊文春 2016年8月11・18日号

genre : エンタメ, 芸能

ちょうど10年前に始まった本企画。高島彩の4連覇の後、長期政権と思われたカトパンが1回で大江に王座を譲り、大江も結婚とともに去りぬ。横綱・水卜の時代はいつまで続くのか。中野美奈子のような圧倒的ヒールの出現も待たれるが、笹崎はひょっとすると……。

◆ ◆ ◆

 

 女子アナ界の今年最大のニュースは、何と言ってもフジテレビの顔だったカトパンこと加藤綾子(31)の独立だが、彼女のように30歳を超えても引く手数多なのは超レアケースだ。

「フジの細貝沙羅(29)は今年6月に人事部に異動になりました。国民的美少女コンテストの本選に出場したこともあるルックスで、入社当時はヤマサキパンこと、同期の山﨑夕貴(28)よりも注目されていました。山﨑はいまやエース格。かたや細貝はアナウンス能力に難があり、バラエティでも空気を読んで振舞えるタイプではなかった。本人は異動の知らせを聞いて泣いていたそうです」(フジテレビ関係者)

 本誌恒例「女子アナ好感度アンケート」は今回で10回目。週刊文春WEBのメルマガ読者は2万人、本アンケートには総数2800を超える票が投じられた。2014年秋の前回は、テレビ東京・大江麻理子アナ(37)の年上大富豪との結婚で、庶民男性の夢が木っ端微塵になった直後だったが、あれから2年、弱肉強食の仁義なき女子アナ界の最新情勢を見てみよう。

 

 まずは「好きな女子アナ」から。1位はミトちゃんこと日本テレビの水ト麻美アナ(29)が、2位にほぼダブルスコアの差をつけて堂々のV3を達成した。

「料理を食べているときの幸せそうな顔が最高!」(35・男性)

「大きな口で食べてる姿に癒される」(55・女性)

 と食リポを絶賛する声が多数。ただ新人時代から食べ続けた影響は隠せず……。

水卜は負けない横綱
Photo:Jiji

「少しスリムになった時期もあったのですが、またリバウンドしちゃっているんです。というのも、彼女が食べると視聴率が上がる。それでスポンサーからも、『ミトちゃんにもっと食べてもらいたい』とリクエストされています。彼女もそれに応えるので痩せられないのです」(日テレ関係者)

 とはいえ、アナウンサーとしての総合力を高く評価する声も多い。

ブラタモリ効果で桑子4位

「進行役としてきちんと仕切りつつ、体型や食リポで突っ込まれたら笑いを誘う返しができ、それでいて前に出過ぎることもなく、親しみやすい最強のアナウンサー」(50・男性)

フリーになったカトパン

 2位はミトちゃんとは対照的なキャラのカトパン

「笑顔が美しく、アナらしいスキルの高さがあり、どんなゲストであろうと良さを引っ張り出し、番組を構成していく能力は抜群に凄い」(31・男性)

「最近ゆとりが出てきた。最初の頃は単なる背伸び状態だったが、今は大人の対応ができる素敵な女子アナに成長した」(63・男性)

 仕事をともにしたことのある放送作家でコラムニストの山田美保子氏が語る。

「『めざましテレビ』に出演していたときも、翌朝が早いにもかかわらず、交流のあるアーティストのコンサートにマメに足を運んでいました。遊助(上地雄輔)のコンサートではファンはシンボルカラーの黄色いものを身に着けてくるんですが、彼女もちゃんと黄色いブラウスを着ていて、そこまで気遣いができるんだと感心しました」

【次ページ】

はてなブックマークに追加