昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

渡辺 麻紀
2017/01/26

カンバーバッチが朝5時にお粥を作る相手

実は気さくでお喋り。『ドクター・ストレンジ』公開目前インタビュー

『ドクター・ストレンジ』2017年1月27日全国公開©All Rights Reserved.2017Marvel

ベネディクト・カンバーバッチといえば、マシンガントーク。ひとつの質問に対して10倍(!?)の答えを返してくる俳優としてファンの間ではつとに知られている。日本にブームを巻き起こした『スター・トレック イントゥ・ダークネス』から3年を経て、最新作『ドクター・ストレンジ』で再会した彼は、やはり同じようにおしゃべりで、同じように気さく。そして、すてきなパパになっていた!

――原作コミックの『ドクター・ストレンジ』は60年代に誕生し、魔術を武器にした元天才外科医のスーパーヒーローという点で異彩を放っています。マーベル・スタジオ(映画スタジオ)から、どんなアプローチを受けたのでしょうか。

『ドクター・ストレンジ』という企画が動いていることは僕の耳にも入っていたし、そういうマーベル・コミックがあることも知っていた。なぜなら、かつてあるジャーナリストに“あなたほどドクター・ストレンジ役にハマる俳優もいない”なんて言われたことがあり、実を言うとそのとき、原作コミックも読んでみて、どういう物語なのかということは知っていた。まあ、僕は“ハマっている”とは思わなかったが、それからおよそ3年後にスタジオと監督のスコット(・デリクソン)からオファーが来たんだから”そうか、やっぱり僕はハマっているんだ”と思うしかなかったわけだ(笑)。そうなると当然、すぐにでも演じてみたくなったのだが、スケジュールがまったく合わず、非常に残念なことにその時点で諦めなくてはいけなくなった。ところがしばらくして、スタジオサイドからまた連絡があり、撮影と公開時期を僕のスケジュールに合わせて移動させるから、是非やってほしいという。いや、正直、びっくりしたよ。そんなこと普通はないから、これはもう、本当に僕にぴったりの役なんだと確信したし(笑)、何と言っても役者冥利に尽きるじゃないか! ありがたくお受けすると同時に、みんなの期待に応えるべく、気を引き締めて、役作りに取り掛かったわけさ。

©All Rights reserved. 2017Marvel.
――原作を読まれたそうですが、役作りでは原作に忠実なストレンジ像を目指したのですか。

 うん。僕たちは、ストレンジ像に関しては出来る限り原作を忠実に再現することを心がけた。僕がとりわけ気をつけたのはストレンジの辿る変遷だった。2時間の映画のなかで、彼は多くの変化を経験する。天才的外科医として横柄な振る舞いをする冒頭、事故に遭い、地位も名誉も財産もなくし苦悩する前半、カトマンズで新しい価値観に出会い、魔術を習得すべく修行に励む中盤、更に魔術の達人となりスーパーヒーローとして活躍する後半という具合に、そういった変化をひとつひとつ積み重ねていかなければいけなかったし、もちろん、変化による成長をリアルに見せるというハードルもあった。それらを演じるのは、役者として非常にチャレンジングであったが、それと同時に楽しくもあったんだ。

――肉体面でも準備をしたのでしょうか。

  もちろんだ。スーパーヒーローにふさわしい身体を作るということも必要だったが、ハードな撮影に耐えうる身体を手に入れることもまた重要だった。実際、ファイトシーンの撮影は5日に及ぶこともあり、さらにはこれほどたくさん走る現場もなく、撮影中は、本当に身体を鍛えててよかったと痛感してばかりいたよ。言うまでもないだろうが、トレーニングと並行して食事療法も行ったのだけれど、鶏肉をどれだけ食べたなど、どれも退屈極まりない話だし、これまでこの手のアクション映画に挑戦したあらゆる同業者が語りつくしたはずだから、その部分は割愛させてもらうよ(笑)。

©All Rights reserved. 2017Marvel.

――ストレンジは天才的外科医で、シャーロックは名探偵、オスカーにノミネートされた『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』では実在した天才と、常に天才ばかり演じていますが、あなた自身の天才性はどういうところにありますか?

  ああ、よかった。天才役をいい加減やめろといわれるのかとヒヤヒヤしたよ(笑)。で、その答えは“自分に天才だと思える部分がないからこそ、演じている”だ。自分がそうじゃないから、心のどこかで憧れているんだろう、彼らの人生はドラマチックだから……いや、ちょっと待って、いま思い出した! 最近はひとつだけ、自慢してもいい才能を発見したことを忘れていた。“パパ”だよ。息子(15年6月に生まれた第一子クリストファー)にとっては、もう天才的に素晴らしいパパということ。家にいるときはいつも、朝5時に起きておかゆを作ってあげるんだから! ね、天才的にいいパパだろ?(笑)

-----

『ドクター・ストレンジ』2017年1月27日(金)全国ロードショー