昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鈴木 涼美
2017/01/26

この時代、どんな男の子に育てたらいいでしょうか?

鈴木涼美さんに聞いてみた。

Q 3歳の男の子、どんなふうに育てたらいい?

 シングルマザーで3歳になる男の子がいます。この子がこれから世の中で強く生きていくために、どんなことを学んでいくべきなのか、強いメンタルを持てるようにする導き方がわかりません。あと、これから性教育に直面するときもあると思いますが、一体どうしたらいいのか。どんな男の子に育っていけば、この世の中、気持ちよく生きていけると思いますか? (30代・女性・会社員)

A 息子の前で女になって

 シングルマザーで男のお子さんがいるのは超がつくラッキーだと思います。片親家庭で育った素晴らしい女性も勿論たくさんいますが、とにかくシンママに育てられた男の子は女性から見ても大人から見てもものすごく魅力的な場合が多い。それはやはり親という存在が「頼るべきもの」から「守るべきもの」に変わる時期が、フツウの家庭よりもずっと早く訪れるからでしょう。

 だとすれば、何か学びについて導くよりも、頼りになるオトコとして早い段階で息子さんを認めてあげることが一番。無理に父親役と母親役を背負い込もうとしないで、息子の前では母親であると同時に「女」として振る舞っていれば、強いメンタルで生きて欲しいというあなたの願いは自然と息子さんに伝わる気がします。女性を大切にできる男性は今後どんどん女性が進出し、重要なポストにも就くであろう社会でとても重宝され、居場所が見つかりやすいはずです。

 また、性教育については何も心配いらないと私は思っています。男としての心得は学ぶというより盗み見たり感じたりして習得していくものです。しいて言えばAV女優や風俗嬢という、「教えを拾わせてくれる対象」を過剰に遠ざけず過剰に近づけないことくらいじゃないかな、と思いました。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加