昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鈴木 涼美
2017/02/01

散財する妻。途方に暮れています

鈴木涼美さんに聞いてみた。

Q 散財のうえ、家は散らかし放題。こんな妻とどう向き合えばいいのか?

 結婚して5年目。妻の散財(主に服)や、部屋の散らかし放題(主に服)に頭を抱えています。とはいえ、考えてみるとこちらが何かと潔癖すぎるのかもしれず、私のほうに問題があるのかもしれません。でも、そう自分を納得させるのも癪です。二人での暮らしが続いていますが、日々、どんな気持ちで妻に向き合えば健康的な毎日を過ごせるでしょうか。(30代・男性)

A 散財の快感、散らかしの気持ちの良さ、思いっきり体験して

 女性の散財に悩む男の人はたくさんいます。あのオナシスですらジャクリーンの異常なまでの浪費癖に嫌気がさしたんですから、どんなにお金があろうとその悩みはかわらないようです。ただ、私の周りで女性の散財を愚痴る男は大抵、堅実でどちらかというとケチ、若い時も含めて馬鹿みたいにお金を使って享楽的な生活をしたことがない人が相対的に多い気がします。

 奥さんが夢中になる服の買いまくり、ぜひ一度体験してみてください。お金の許す限り、かっこいいと思うもの、欲しいと思う服を買いまくる。で、買ってきた服をとりあえず引っ張りだしてファッションショーなどをして散らかしっぱなしにしてみるのです。まず、相手のやっていることを真似てみるとそれがいかに楽しくてくだらないか、自分の中で整理がつき、奥様を説得したり許したりするきっかけになるはず。と、同時に、奥様にも「横で散財される不安」「散らかされるいらだち」を同時体験してもらえるはずです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加