昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

鈴木 涼美
2017/02/01

不倫4年目の義妹の話、どうやってスルーすればいい?

鈴木涼美さんに聞いてみた。

Q  不倫4年目の義妹の話に辟易。スルーの方法は? 

 33歳の義妹が不倫4年目で、私に相談してきます。義両親にはもちろん内緒で。内容はいつも「休日に会えないのが辛い」やら「もうやめたいけどどうしたら」やらよくあるやつです。正直なところ私は不倫なんて誰がどういっても何も変わらないので、どうでもよいのですが、義家族の手前、下手なことは言えません。どのようにスルーするのがベストでしょう。(36歳・女性)

A 背徳者を一蹴せよ

 不倫をしている人、そしてそれを誰かに話したくてしょうがない人というのは、基本的に背徳感に酔いしれる単純な人です。

 この場合、否定しても盛り上がり、肯定しても盛り上がり、で結構めんどくさいですよね。わかります。そもそも義姉という微妙な立ち位置のあなたに話している時点で、答えを欲しがっていないのは明らかです。そしてあなたが義両親や旦那に告げ口をするタイプではなく、それなりに興味をもって聞いてくれる恰好の話し相手になってくれるターゲットに選ばれてしまっています。否定して欲しければ否定してくれる人に話すし、誰にも止めてほしくなければ誰にも言わないわけですから。

 彼女が欲しいのは不倫をやめるための相談相手でもなく不倫を勇気づける助言でもない。不倫の愚痴や悩み、喜びをただただ話す相手です。面倒であれば、「その話に飽きた」という態度でいるのが一番です。ちょうど、2016年のアレで日本中が若干不倫に食傷気味ですから、ちょっと続きが聞きたいような内容の話であっても、断じて興味を示さず、「もう今さら不倫の話とかいらない」という冷めた態度でいれば、ターゲットは別の誰かにうつります。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム