昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

紅白に向けて気合満々 有働アナが「あさイチ」でブラのつけ方実演

source : 週刊文春 2015年12月24日号

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 NHK朝の情報番組「あさイチ」で、有働由美子アナ(46)がまたまたやってくれた。ベテラン女子アナのあられもない姿に、スタジオは騒然。司会者として体を張る姿は立派だけど、ご自身の結婚は大丈夫?

「朝から脇汗や膣トレについてサバサバ語るなど、彼女のぶっちゃけキャラが視聴率好調の大きな要因です。今年10月には本番中に『つけまつげ』が取れるハプニングがありましたが、これも視聴者から大好評でした。放送から3日後に急遽『オトナ女子も“つけま”?』という特集が組まれたほどです」(芸能記者)

 今回話題となったのは、12月9日放送の「女のホケン室 これって私だけ?おっぱいトラブル」でのこと。正しいブラジャーの着用方法として、下着の専門家が「前かがみになってストラップの付け根を揺らす。そうすると脂肪は柔らかいので下に落ち、カップのなかに自然に入ります」とアドバイスを行った。

 すると進行役だった有働アナが唐突に腰を直角に折り曲げて、服の上からストラップを揺らし始めたのだ。

 コメンテーターの柳澤秀夫解説委員が「有働さん、なんちゅう恰好してるんですか!」と指摘するなか、有働アナは涼しい顔でこう言い放った。

「いえいえ、年末(の紅白)に向けて、集めて寄せないといけないので。参考になりました。ありがとうございます!」

現場でも気さくな対応 ©文藝春秋

 紅白の総合司会は今年で4年連続。そのセクシー衣装は毎年話題になっている。

「おととしは両肩を出した金色のドレスでしたが、昨年はさらに大胆な衣装でした。背中が大きく開いた黒のドレスで、スカートには深いスリットが入っている。健康的な太ももまで披露してくれました。今年もだいぶ気合が入っているみたいです」(前出・記者)

 仕事が絶好調なのは何よりだが、ウワサの彼とはどうなっているのか。

「2年前に交際が発覚した男性とは、現在も進行中のようです。静岡県にある空調設備会社の社長で、有働より5歳下の41歳。年商約20億円、創業70年になる老舗企業の御曹司で、杉浦太陽似のさわやかなイケメンです。有働がパネリストとして参加した静岡での文化交流イベントが、出会いのきっかけなのだとか。男性は静岡在住なので、いわば“遠距離恋愛”ですね」(NHK関係者)

 ただし、彼にはこんなワケアリが。

「男性はバツイチで、前妻との間に3人の娘がいます。しかも3人ともまだ小学生のため再婚には慎重になっているそうです」(同前)

 男性の実家を訪ねると、母親は「何もわからないです。すいませーん」とそっけない対応だった。

「一方の有働も、大阪の実家に1人残る父親のことが気がかりみたいですね。月に1度は必ず大阪に帰り、身の回りの世話をするのだとか。結婚となると、なかなか厳しい状況のようです」(別のNHK関係者)

 来年の大河ドラマ「真田丸」では、ナレーションを担当することに。もはや局内の地位は盤石である。

「人気と実力の総合点で言えば、有働アナは間違いなく女子アナ界の頂点にいます。だからこそあのお堅いNHKでやりたい放題できるし、嫌味にもならない。このまま数々の伝説を作ってほしいですね」(女子アナ評論家の高島恒雄氏)

 まずは紅白での“集めて寄せた”ドレス姿に注目だ。

はてなブックマークに追加