昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

亀和田 武
2017/01/28

すんなり共感しちゃえるスーパーサラリーマン

『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ)

 この心地よさときたら、只事じゃない。笑えて、しかも寛げる。おまけに、主人公にすんなり共感できちゃう。

 原作は藤子・F・不二雄のマンガ、脚本と演出を“勇者ヨシヒコ”の福田雄一が手がけた『スーパーサラリーマン左江内(さえない)氏』の初回を三回も繰り返し観てしまった。

『スーパーサラリーマン左江内氏』
日本テレビ 土 21:00~21:54(写真は1/14放送分)

 家族からは疎まれ、社内でも信頼度はゼロ。ダメダメ係長の左江内(堤真一)が、謎の老人(笹野高史)から「スーパーヒーローに、なってみない?」と勧誘される。

 責任を負わされるのが大の苦手な左江内は、柄じゃないと固辞するが、「サラリーマンのついでにやってよ」と強引にスーパースーツを渡される。左江内のハンパじゃない情けなさを巧みに戯画化して演じ、なおかつ嫌味にならない堤真一の底力に驚く。

 家庭での左江内は、一般的にいえば悲惨の一言。妻(小泉今日子)は家事一切を夫に押しつけ、高校生の娘(島崎遥香)は「パパの弁当、超しょっぱくて、汁でべちょべちょ」と容赦ない。

 最初のうちは寝坊した娘を空中浮遊で学校に送ったり、帰宅ラッシュを避けて、空をひとっ飛び。気楽な兼業だったが、やがて「助けてえ!」と救いを求める悲鳴が左江内の耳に聞こえてくる。

 世の為、人の為。そんなこととは無縁でいたい左江内だが、耳がキャッチする叫びはやはり無視できない。飛び降り自殺を試みる女性を空中で受け止め、猛火で逃げ遅れた犬を救助する。ヒーロー役をこなすと「それじゃ、会社に戻って雑務を」と立ち去る。

 最近サラリーマンって言葉をあまり聞かない。被雇用者と呼ぶケースが多いかな。それも過労死、パワハラとネガティヴな印象がつきまとう。高度成長まっ只中、植木等が“無責任男”を謳歌していたころが、サラリーマンの黄金時代だった。何十年も前から、若僧たちは「リーマン」呼ばわりだしね。

 世界や人類の救済なんて、私には無理です。そんな人間がスーパーヒーローを無理やり押しつけられる。この時代にサラリーマンとスーパーマンをこなすという二重苦。それを渋々、困ったなあと愚痴りながら片づけていく堤真一が、いい味だしてる。

 スーパースーツから忘却光線が放たれるから、誰も左江内の活躍を覚えていない。ヒーローや正義を待望する空気が世界中に渦巻く時代に、欲も野望もない非・ヒーローの存在は一服の清涼剤だ。

はてなブックマークに追加