昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

五箇 公一
2017/01/31

不倫は人間だけのもの?

五箇さんに聞いてみた。

Q 不倫について質問です

 不倫は人間だけが行う行為なんでしょうか? (40代・女性)

A 狩猟に頼らずに生きていけるようになって、人は不倫に走りはじめたと思われます 

 まず結論からいえば、野生動物の世界では不倫なんてのは普通で当たり前の行為です。

 オスとメスに分かれる動物の多くの場合、メスが産卵・出産・育児を行います。この場合、圧倒的にメスの方が子孫を残すというプロセスにおいて多大な時間とコストを必要とします。一方のオスは、子供を作るための精子を提供するだけで、子供を残す、というプロセスにおいて、メスより断然、負担もリスクも小さく、時間もあります。

 そのため、自分の遺伝子を確実に残すために、メスは慎重に、できるだけ優秀なオスを選ぶという戦略をとるようになり、逆にオスは出来るだけたくさんのメスと交尾した方が得策となります。オスが浮気性なのは動物本来の性質だと考えた方がいいのです。またメスも子育てが終われば、新しい交尾相手として再び優秀なオスを探すというのが、多くの動物の生殖パタンです。

 人間は多くの動物の中でも、頭でっかちに進化したため、子供がお母さんの胎内に長く留まることが出来ず、未熟児で生まれてきます。しかも、二足歩行のひ弱な動物のため、女性単独で子育てをすることが難しく、男性も自分の遺伝子を残すためには必然的に女性と子供を養ってあげる必要があり、少なくとも子供が自立するまでは、一夫一妻のペアを維持するように進化したと考えられます。

 しかし、文明や文化の発達とともに、人間は狩猟に頼らずとも生きて行ける社会をつくり、みんなが安心して豊かな生活を送れるようになったことで、子育てにもゆとりが生まれてくると、オス的本能に従って、より多くの女性と交尾をしようとする男性も出てきます。

 また女性も、結婚後の子育ての時間的コストが少なくなったことで、少しでも早く、次の優秀な遺伝子(私財やルックスを保持する遺伝子)を持つ男に出会おうという本能が先に立ち、不倫(浮気)に走るひとが出てくるようになったのではないかと思われます。

 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム