昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

五箇 公一
2017/01/31

年上の部下を持つような動物はいますか?

五箇さんに聞いてみた。

Q 年上の部下を持つ悩み。そういう動物って人間以外にいますか?

 年上の部下を持つ立場にいますが、自然界にも同じような現象があるのでしょうか。教訓になるような事例はありませんか? 周りに気を遣って仕事に専念できません。 (40代・男性・メーカー勤務)

A 年功序列なんて野生動物の世界ではあり得ないシステム

 まず、結論から言えば、年功序列なんて、人間社会の、しかも旧態依然の組織でしか通用しない実に古くさい概念です。野生動物の世界では、ほぼあり得ないシステムです。

 ニホンザルなど群れ社会をつくる野生動物の世界では完全に実力でボスが決まります。つまり年功序列なんてありません。もちろん、年配の経験を積んだオスの方が実力で若いオスよりも勝るという傾向はありますが、逆転はいくらでも起こります。

 人間社会では、古くは、生きて行く上での知恵や経験が年功者ほど培われており、なおかつ、人間は言語でそれを言い伝えるという能力を持っていたことから、たくさんの知識・経験をもつ年功者を敬うという文化が発達してきたと考えられます。それでもやはり、戦略に長ける知恵者が若くして組織や国のリーダーに立つことは歴史が物語る通りです。

 会社という組織内での人事上の序列自体は、必ずしも実力で決まらないという矛盾と不条理も少なくないかも知れませんが、相談者さまも、建前上の序列(肩書き)に捕われるのではなく、自分自身の経験と実力を磨くことに専念すれば、自ずと自分の価値をみとめてくれる人も増えて、仕事も充実したものになるのではないでしょうか。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加