昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文科省天下り 元幹部が理事長の学校で国家公務員法違反の疑い

 文部科学省の天下り問題で、元幹部が理事長を務める学校法人で、国家公務員法違反の疑いのある天下り人事が行われていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 この学校法人は、「目白大学」を運営する学校法人「目白学園」。2011年に旧文部省体育局長を務めた逸見博昌氏が理事長に就任すると、2011年に1人、2012年に2人、2013年に1人、2014年に1人、2017年1人と計6人の同省出身者が招聘された。現理事長の尾﨑春樹氏も元大臣官房審議官だ。

目白学園のHPより

 この中には、旧文部省で大学・大学院担当を十数年務め、まさに所管である目白大学に幹部職員として天下りした人物も含まれている。しかも、この人物の人事発令書は文科省在職期間中に、理事長名で正式に学園内で発布されていた。天下りに詳しい同志社大学の太田肇教授が語る。

「国家公務員法は106条で『在職中の求職の規制』として職員が天下りの約束をすることを禁じています。本人の了承を得ることなく理事長名の人事発令書が通達されるとは非常に考えにくく、限りなくクロに近いと言えます」

 尾﨑理事長に聞いた。

早大では口裏合わせが発覚 ©文藝春秋

――文科省出身者が多い。

「“助さん格さん”がいないと仕事ができませんからね。今問題になっている天下りとは全く違いますよ」

――役員にプロパー(生え抜き)が一人もいない。

「プロパーが駄目というわけではないので、近い将来、役員や幹部に抜擢できるんじゃないかと思いますよ」

――文科省在職中に辞令が発出されている方がいます。

「今の言い方正確ですか? 調べましょうか。(5分ぐらいして)あーそうか。でも我々から能力を見込んで職員に声をかけるのは禁止されていないはずですから」

文教族の松野博一文科相に解明できるのか ©共同通信社

 だが、その後、目白学園は書面で「(辞令発出は)適切ではなかった」と回答した。

 文科省を巡っては、所管する大学などへの組織的な天下りのあっせんが指摘されており、調査の行方が注目されている。週刊文春2月9日発売号は、元文科省幹部の天下りの手口について報じている。

はてなブックマークに追加