昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

R・ゴズリングとR・クロウがコンビを組んだ「ナイスガイズ!」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

私立探偵のマーチ(ライアン・ゴズリング)は、娘のホリー(アンガーリー・ライス)から「一生幸せになれない男」と呆れられている酒浸りのシングルファーザーだ。腕っ節の強い示談屋のヒーリー(ラッセル・クロウ)に強引に相棒にされたマーチは、ホリーも交え、失踪した女性アメリアの捜索を開始する。アメリアの周辺人物が何人も死亡している上、次々と刺客に襲いかかられた3人は、きな臭いものを感じ始める。ようやく保護したアメリアは3人に、司法省で働くアメリアの母ジュディス(キム・ベイシンガー)と自動車業界が絡む、国家を揺るがす陰謀を語り始める。

〈解説〉

『アイアンマン3』のシェーン・ブラックによる脚本・監督作。1977年のロサンゼルスを舞台に、凸凹トリオが巨大な陰謀に巻き込まれていくアクション・コメディ。116分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆ストーリー展開に作為が目立つが、こまかいクスグリは笑える。R・ゴズリングが軽妙。70年代の音楽・衣裳も楽しい。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆厚切りハムのような大まかさはあるが、オフビートな私立探偵と70年代LAは相性がよい。小娘役の知力と胆力も新鮮。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆自動車産業が傾くアメリカの困惑がベースのブラックな笑いと、お茶目な娘と保護者2人のコミカルな笑いが絶妙。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆鋭くはないがベタでもない。適度に知性と野卑を盛った楽しいチャンドラー応用形。70年代風俗の再現はやや教科書的か。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆スモッグとポルノ解禁の70年代のLAを背景にゴズリング&クロウのバディものは相性抜群。美術、'70sな音楽、子役に☆。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2016 NICE GUYS, LLC
INFORMATION

「ナイスガイズ!」(米)
2月18日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー
脚本・監督:シェーン・ブラック
出演:ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライス、キム・ベイシンガー ほか
http://niceguys-movie.com/

はてなブックマークに追加