昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

清水富美加”KANA-BOON不倫”はゲス&ベッキーより前だった!

 幸福の科学へ出家した女優・清水富美加(22)が、人気ロックバンド「KANA-BOON」のメンバー・飯田祐馬(めしだゆうま・26)と過去に不倫交際していたことについて、飯田の所属事務所は「2015年6月から9月まで交際していたことは事実です」と認めた。

 清水は昨年4月からベッキー(32)の後任として、土曜朝の情報バラエティ番組「にじいろジーン」(フジテレビ系)に先日までレギュラー出演していたが、清水と飯田の交際は、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(28)の交際時期よりも前だった。飯田は結婚の事実を清水に告げていなかった。

「奥さんに関係を知られ、別れ話になったことが破局の理由だということです」(飯田の所属事務所)

 清水は、法名である千眼美子として2月17日にインタビュー本「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)を刊行。その中で、「(出家したことで)具体的には、悩みの種だった好きな人も忘れました」と明かしていた。

 2人の交際期間は、ちょうど清水がNHK朝の連続テレビ小説「まれ」に出演していた時期でもある。清水はベッキーの後任として「にじいろ~」に出演することについて悩み、”ある行動”をとったという。詳しくは2月23日(木)発売の「週刊文春」で報じる。

©文藝春秋
はてなブックマークに追加