昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

生前贈与も不動産活用もワンストップ!

【今注目の相続対策】三菱UFJ信託銀行 三菱UFJ不動産販売

グループ力を結集し不動産対策にも対応

 生前贈与の次は、不動産に関する相続対策を検討したい。「相続財産自体を減らすのが生前贈与だとすると、相続税評価額を圧縮するのが不動産活用です」と玉置氏。更地の土地に賃貸住宅を建てると、更地で保有しているよりも土地の評価額を圧縮できる。額面通りの評価額になる現金も、不動産に組み換えることで評価額を圧縮できる。とはいえ玉置氏は「不動産の活用も総合的な相続対策の一つとして考えるなら、最初から特定の方法に限定せず、幅広い見地から対策を検討してくれるパートナーの存在が重要です」と力を込める。そんなとき頼りになるのが、同社グループの三菱UFJ不動産販売だ。

 信託銀行とノウハウを共有しているため、相続対策としての不動産活用に強みを持つ。MUFGグループは幅広いネットワークと情報量を持ち、やはりグループ内で連携しながら不動産を使った最適な相続対策を提案できる点も、他の不動産会社と大きく異なる特長といえよう。

「お客さまの資産全体の中で、その土地がどのような位置付けなのか。今の市況を鑑み、資産価値情報を提供し、相続を踏まえた活用方法や賃貸の収益性を総合的に勘案して、『売却する』『有効活用する』『建て直す』など、お客さまにとって最善の選択肢をご提案するわけです」。まさに不動産仲介業にとどまらない信託銀行ならではの体制といえる。

相続発生後も簡単に預金を引き出せる仕組み

 いくら事前の対策を周到に講じたとしても遺産分割の話し合いがうまくいかなければ意味がない。分割のトラブルを回避するには、遺言書を作成しておくとよい。同社の遺言信託を利用すれば、遺言書作成時のアドバイスから、その執行までをトータルでサポートしてくれる。 また相続発生時には、故人の預金口座が凍結されてしまうことをご存じだろうか。預金は相続人全員のものになるので、たとえ配偶者であっても引き出すには所定の煩雑な手続きを取る必要がある。預金が引き出せずに困らないためにも、ぜひ知っておきたいのが、同社の『ずっと安心信託』だ。これは相続発生時に簡単な手続きでお金をすぐに引き出せる信託商品。相続後、一定期間に分割して、のこされた家族にお金を渡していくなど、色々な使い方ができるのも『ずっと安心信託』のメリットだ。 このように同社なら保有資産全体を把握し、顧客の想いを優先しながら、最適な相続対策を講じる体制と提案力、その受け皿となる商品がたくさんある。相続対策はまず同社に相談するのが安心だ。

 

提供=三菱UFJ信託銀行 三菱UFJ不動産販売

はてなブックマークに追加