昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

フジで8.0%の惨敗。天海祐希はテレ朝で汚名返上なるか

今年8月で50歳に

「気合を入れ、髪を(25cm)バッサリ切りました」

 4月スタートのドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系、木曜夜9時から)で主演を務める女優・天海祐希(49)がやる気に満ち溢れている。

「このドラマはテレ朝のエースである『ドクターX』と同じ枠。同局にとって極めて重要な位置づけになります。ただ、この枠で現在放送中の三浦友和(65)主演『就活家族』は視聴率1桁と低迷している。それだけに、4月は絶対負けられない戦いになります」(放送記者)

 天海にかかるプレッシャーは相当のものだが、一方で、絶好のチャンスとも言える。

「『緊急取調室』は2度目のシリーズとなります。3年前の第1弾では12.9%と及第点でした。『相棒』を筆頭に刑事物を十八番とするテレ朝では目立たない数字ですが、今回、数字を伸ばせば完全シリーズ化の可能性もある」(テレ朝関係者)

 天海が張り切るのには別な理由もあるという。

「最近の天海主演ドラマは不振続き。昨年10月の『Chef~三ツ星の給食~』(フジ系)では平均視聴率8.0%、最低は4.9%と大惨敗を喫した。夜10時からのドラマでテーマが『給食』ですから、興味を持たれないのも当然です。今のフジの体たらくを象徴する企画ですが、天海の女優としての株も下がりました。今回、テレ朝で汚名返上の機会を得て、天海も『新しい気持ちで有希子(役名)としての経験を積み重ねていけたら』と語り、気を引き締めています」(テレビ誌記者)

 芸能デスクが解説する。

「天海は去年の“女性が選ぶ理想の上司ランキング”(エン・ジャパン調べ)で、明石家さんまや松岡修造らを抑え、20代~40代の世代別と「全体」の4部門全てで1位になった。05年にヒットした『女王の教室』(日テレ系)に夢中になったのも女性が大半だと言われます。宝塚の男役として女性を魅了してきただけに、女性の支持は高い。一方で、意外と男性ファンが少ない。ミニスカで男性も魅せることができる米倉涼子(41)とは対照的です。私生活でも男の噂がなくなり、イベントなどで結婚の話を聞くのは、今ではタブーになってしまいました」

 最近の悪い流れを髪のようにバッサリ切り落とせるか。

はてなブックマークに追加