昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

嶋 聡
2017/03/03

孫正義が歴史から学んだ300年帝国のつくり方

「古代ローマを調べてくれ」――世界史の学び方

信長、道三、モンゴル帝国……300年続く「世界企業帝国」を目指す経営者は、歴史から何を吸収したのか。元参謀が明かす

◆ ◆ ◆

「最近、古代ローマに興味を持っています。紀元前から1200年もの長い間繁栄したのはスゴイと思う」

 孫正義がこうつぶやいたのは、2013年8月25日のことである。

 マキャベリは『政略論』で新たに国家を建設しようとするものには2つの道があるという。1つはその国家をローマのように広大な領土と無限の国家権力へと広げていくもの。もう1つは高度な国家であるが、スパルタやベネチアのように狭小な国土にその版図を抑えておくべきものである。

 現代風にいうと、アメリカ、中国、ロシアのように世界覇権国家をめざすべきか、シンガポール、スウェーデンのように小さくてもキラリと光る国をめざすか。企業で言えば「世界企業帝国」をめざすか、限られた分野でシェア1位の「オンリーワン企業」をめざすか、ということになるだろう。

 孫正義は、2010年の「新30年ビジョン」で30年後までに時価総額200兆円、世界トップ10の会社にすることを宣言した。さらに後日、「トップ10ではちいと志が低すぎたかな」とも言った。「世界企業帝国設立宣言」である。

孫正義流歴史勉強術

 このビジョンを作るにあたって、私が率いる社長室は「ローマ帝国」の研究を命じられた。同年の7月に開校された、孫正義の後継者を育てるための学校、ソフトバンクアカデミアの入校者には、孫氏が考える「世界4大偉人」カエサル、始皇帝、チンギス・ハン、ナポレオンについて調べろ、という課題が出された。

 孫正義は周囲にテーマを与え、その研究成果のプレゼンに対して、大組織を率いる経営者の視点から、疑問を投げかけ、発表者はそれに必死で答えていく。このようにして孫氏は経営者に必要な知恵を歴史から瞬く間に吸収していく。これが孫氏の歴史勉強術だ。

 たとえば、「信長」がテーマなら、こんな質問が飛んでくるだろう。

「信長は日本で製造できる鉄砲のシェアをどれぐらい押えていたんだ?」

「鉄砲を作っても、火薬がなければ、弾が撃てない。日本で出ない硝石をどうやって押えたんだ?」

 そのようなやりとりから、信長が硝石を押えるために堺を掌握し、そのために「火薬商人」の利休と付き合っていた、という孫正義流の歴史解釈が下されていく。

 そして、私が研究を命じられたローマ帝国の歴史から孫正義が徹底して学んだのは、いかにして「世界企業帝国を築くか」という戦略、戦術、そして「帝王学」であった。

斎藤道三に学んだ「気運」

 意外なことに、孫正義がソフトバンクの側近にもっとも推薦する歴史小説は、世に喧伝(けんでん)されている司馬遼太郎の『竜馬がゆく』ではなく、『国盗り物語』である。

 京の油商、奈良屋の身代をのっとり、その富を足がかりに、美濃の「国盗り」をした斎藤道三。そして、道三から天下統一の夢を託された娘婿、織田信長の革命的戦術をしっかりと研究していた。

「気運(しお)が来るまで、気長く待ちつつ準備するものが智者。気運が来るや、それをつかんでひと息に駆けあがる者が英雄」と司馬遼太郎は言う。

「時代を追ってはならない。読んで仕掛けて、待たねばならない」というのが、孫正義流である。

 1996年、インターネット革命の前のヤフー設立。2006年、スマホ革命を目の前にしたボーダフォン買収。そして2016年、IoT革命を見据えた、英国ARM(アーム)の買収。パラダイムシフトの入り口で、キーとなる企業に投資し、一挙に駆け上がる孫正義は、まさに「気運」がくるや一気に駆け上がった英雄といってよいであろう。

 アイフォーンが売り出されたばかりのとき、幹部全員にアイフォーンを配り、「信長が、なぜ武田騎馬軍団を打ち破った、鉄砲の3段撃ちという新戦術を編み出せたか解るか。小さいときから鉄砲で遊びたおしていたからだ。みな、アイフォーンを遊びたおしてくれ」と言っていた。

 あるいは、織田家が支配した領国の石高がどう変遷(へんせん)していったかのグラフをつくらせ、グラフが急角度で上昇したティッピングポイントを指差し、「ここがポイントだ」と社長室メンバーに言った。そこには、「『天下布武』の印章を使う」と書き込まれていた。織田信長は「天下に武を布(し)く」と明快に自分の戦略目標を述べた。「織田信長は私の心のヒーローです」という孫正義らしく「やはり、ビジョンが大事なんだ」と言っていた。

 だが、孫正義は織田信長より斎藤道三の方をより研究したのではないか。『国盗り物語』の主旋律は、斎藤道三と同時代に生まれたマキャベリの『君主論』であるが、孫氏の経営哲学は、マキャベリに通じるものを多く含んでいるからだ。

 マキャベリは人間を五箇条をもって定義している。

 1、受けた恩はすぐに忘れ易い。
 2、すぐに飽きて、移り気である。
 3、偽善的であり、自分の行動に大義を欲しがる。
 4、危険に際しては臆病で、恐怖から行動する。
 5、利に対しては常に貪欲である。

 私が孫正義と行動をともにしてきたときに、もっとも重要視したのは「大義」を明らかにし、天下国家のために行動することであった。孫氏は「損(孫)しても正義(まさよし)」と笑いながら大義を述べていた。

 モンゴル帝国、チンギス・ハンの研究をした際にも、マキャベリの「帝王学」に通じる考察がなされた。

「チンギス・ハンは攻めていくとき、相手の国を囲い込んで『降参せい、嫌なら皆殺しにする、王の目は生きたままこの焼いた剣で刳(く)り抜く。頭蓋骨(ずがいこつ)を切って杯にして呑むぞ』と相手を脅かした。そうして脅しておいて、『降参するなら許す。塩と銀だけを独占させればそれでいい』とした。それで、破竹の勢いで降参させていったんだ」と孫正義は言っていた。皆殺しは、一罰百戒、見せしめ的に行い、「恐怖」を与え、戦わずして降参させたというのだ。

 マキャベリも『君主論』において、君主は「愛されるより恐れられよ」と言う。

 情報通信政策で総務省と渡り合ったときなど、孫正義は激しく怒る。若いときには総務省課長補佐に「ライターを貸してくれ。このまま、通信回線をつなげなければお客様に申し訳ない。油をかぶって死ぬから」と言ったこともある。相手をする総務官僚はある意味、「恐れた」であろう。

 チンギス・ハン、マキャベリ、孫正義の結論は、みな「恐れられよ」だった。

はてなブックマークに追加