昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小宮山 雄飛
2017/03/16

トランプ大統領になったので、転職を考えています

小宮山雄飛の「お悩み食堂」 #4

<お悩み>トランプ政権になって自分の将来が心配になってきました

 アメリカ企業相手に輸出業を営んでいる者ですが、トランプ大統領の就任で今後の対アメリカ貿易の状況がまったく見えず不安でいっぱいです。そうでなくても日本経済自体が先行きの見えない状態なところに、トランプ政権になって、ほんとに自分の将来が心配になってきました。

 まだ20代のうちになにか他の業種に転職しようか真剣に悩んでます。このまま仕事を続けるべきでしょうか、それともなにか他の仕事を探すべきでしょうか。

(28歳・男性・輸出業)

(小宮山雄飛からの回答)

 トランプ問題、色々なところに派生してるのですねー。

 トランプ政権とは直接関係ありませんが、先行きが見えないのは音楽業界も一緒、その不安よく分かります。

 そんなあなたには、気分転換も兼ねて立会川の名居酒屋『鳥勝』に行ってみるのをおすすめします。

 ほとんどが1本80円の焼きトンにボリュームたっぷりの煮込み豆腐、居酒屋らしいネーミングがそそられる生野菜ダブルなど、どれも安くて美味しいツマミばかりの地元の人気店です。

「鳥勝」の焼きトン ©石川啓次/文藝春秋

 居酒屋では珍しい卓上で自分で焼くスタイルの焼肉も絶品ですが、あちこちのテーブルで同時に肉を焼き始めると、店内が煙モクモクですごいことになります。

 そのうち周りの視界がボヤけてくるのは、そんな煙のせいか、あるいは呑み過ぎたダイヤ焼酎のせいか、明日の日本経済どころかお店の入り口すら見通せなくなってきます。

 僕はこれを<鳥勝トリップ>と呼んでるのですが(完全合法です)、これが実に気持ち良いのです!

 先が見えないのは不安でもありますが、同時にその先にまだ見ぬチャンスが転がってる可能性があるとも取れます。安全な道を選ばずに、見えないことをチャンスと捉えてその先へと飛び込んでみるのも、若いうちは大事なんじゃないでしょうか。

外見は普通の居酒屋だが ©石川啓次/文藝春秋

 ちなみにこちらの『鳥勝』の他にも、荻窪『カッパ』東十条『埼玉屋』など一人ではなかなか入りづらい赤提灯の名店は数ありますが、どのお店も勇気を出して飛び込めば、そこには最高の酒と焼きトンの世界が待ってます。

鳥勝
東京都品川区南大井4丁目4−2
03-3766-6349
https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13017396/

 

カッパ
東京都杉並区上荻1丁目4−3
03-3392-5870
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13006948/

 

埼玉屋
東京都北区東十条2丁目5−12
03-3911-5843
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13003792/

「小宮山雄飛の『お悩み食堂』」では、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加