昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松中 みなみ
2017/03/15

【ソフトバンク】不安を拭い去ってくれた松田宣浩の言葉

文春野球コラム ペナントレース2017

 早速ですが、ここで連想ゲームを始めます!

(1)「ムードメーカー」
(2)「お祭り男」
(3)「ケンケン」
(4)「熱男~!!」

 ここから連想できる人物は誰でしょう?

 ……答え、分かりましたか??

 このわずか4つのキーワードを出すだけで、ホークスファンでなくとも、松田宣浩選手の顔が頭に浮かぶと思います。

 グラウンドでもベンチでも、練習でも、誰よりも大きな声を出して元気いっぱい!

 ニカッ☆ と笑う顔がONE PIECEのルフィとダブる時があって、大好きな笑顔です!

松田宣浩とのツーショット ©松中みなみ

 そんな松田選手が今回、2度目のWBC日本代表に選出されました。

 1次ラウンド初戦のキューバ戦でチーム第1号のホームランをかっ飛ばし、5打席4安打4打点と大暴れしてくれた松田選手。

 その後のオーストラリア戦、中国戦も八番・サードでフル出場すると、3試合連続安打!

 これだけを聞くと、絶好調なように見えますが、本番前の実戦では11打数2安打とやや不調……。

「強化試合で打撃の内容も良い状態じゃなく、自分でもまずいと思う」

 松田選手からそんな言葉が出るなんて、これはまずい……。

 そう感じていたからこそ、キューバ戦のスタメン発表を見て驚きました。

 私にとってはかなり嬉しい誤算!

 この日、私物のホークスユニを数種類ほど持参して外野席で観戦してた私は、松田選手がフルイニング出場し、35本塁打94打点とキャリアハイの成績を残した2015年シーズンのイエローユニに即着替えて応援☆

©松中みなみ

 そんな松田選手に最大の見せ場が訪れたのは5回裏1アウト一、二塁。

 初球からカーブを積極的にブン!

 空振りだったけど好不調のバロメーターであるケンケンが3回。バランスのとれた3ケンケン……。いける!! そんな予感がしました。

 2球目。同じカーブを見逃さずにドーン!

 打った瞬間にホームランだ!と分かるボールは私のいるレフトスタンドに向かってまっしぐら! すぐ横の客席にあっという間に吸い込まれて行きました!

 捨て球はあまり投げないキューバの投球スタイルも、普段から積極的なマッチにマッチング☆

 本当にカッコよかった。。。

 ダイヤモンドを回って、あれをやるのかな……? 出るか? 出るか?と思ったらやはり「熱男~!!」が飛び出しました。

7日のキューバ戦で3ランを放った松田宣浩 ©getty

 今年からチームスローガンが熱男からワンダホー!に変わって、松田選手はツイッターで毎度のようにワンダホー!とつぶやいていたので、「あ、ここは熱男なんだ(笑)」と思いましたが、球場にいる野球ファンが一丸となっての「熱男~!」コールには鳥肌が立ちました。

 巨人ユニを着てる親子も、西武ユニを着てるお姉さんも、贔屓球団の壁を越えて「熱男〜!」と叫んでる姿を見て、嬉しくなって泣いてしまいました。

 やっぱりお祭り男はここ一番でやってくれるんだ……! お立ち台での姿はキラキラ眩しくってとても誇らしかったです。

 試合が終わった直後、ニィニィ(松中信彦)と合流するとやっぱり弟分である松田選手の話題に。

「試合前、松田と話したけど相当緊張しとった」とニィニィ。

「初回の失策はそのせいもあったのかな?」と聞くと、「でもその後の菊池選手の好プレーやらで無失点に抑えたのはかなり大きかった」と。

「最初の打席でヒットが出たことで後の打席が楽に入れたはず。マッチは気持ちで打つタイプだから乗ってきたらもう止まらんね」と嬉しそうに語っていました。

 そして、2次ラウンド。大死闘を繰り広げたオランダ戦ではバットを振る機会はなかったけど、「11回を守れて、すごい楽しい経験が出来た」とコメントしていました。

“楽しい”

 この言葉が出たらもう松田選手はいつものマッチだ☆

「1・2・3連勝、マーーーッチ!!」で決勝ラウンドに突き進んでほしいです!

 ちなみに、東京ドームの売店で売ってた今限定の桜味のサワーは、桜餅の味がするお酒でした☆ 機会があればぜひ!

©松中みなみ

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。