昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

和田アキ子『ノンスタ井上への激励電話』のウラ事情

『おまかせ!』の準レギュラーだった

「アッコさんから毎日電話をいただき、(中略)ものすごくありがたかった」

 今月7日に行なわれたお笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介(37)の謝罪会見。井上が涙ながらに感謝の意を述べた相手は、和田アキ子(66)だった。

 昨年12月、井上はタクシーに対する当て逃げ事故を起こして謹慎処分を受けていた。そして今月6日に不起訴処分となり、吉本興業東京本部で謝罪会見が開かれた。

「詰めかけた約130人の記者を前に、井上は、事故当時の状況や、謹慎中の生活、今後の芸能活動について訥々と語っていました」(芸能デスク)

 だが、開始から45分、質疑応答を終えた井上が会見場を去ろうとした時、唐突に、ある質問が投げかけられた。

「共演しているアッコさんとかから何かお声掛けってありました?」

 この質問に対して井上は冒頭のように答えたのだ。

紅白には歴代最多出場 ©文藝春秋

 翌日以降、各メディアは、和田と井上の電話の件を美談として報じた。12日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS)も大々的に取り上げた。

 だが、会見に出席したテレビ局関係者はこう訝しむ。

「実は質問をしたのは、『おまかせ!』の番組スタッフです。番組の赤いジャンパーを着ていた。これでは質問は仕込みと思われても仕方がありません」

 ある芸能記者も振り返る。

「会見の際、井上は、迷惑がかかるのを心配してか、世話になった芸人達の名前も敢えて出さないようにしていました。それなのに、結果的にあの質問で、和田だけがクローズアップされることになったのです」

 質問の経緯を、TBS広報部に問うたが、「お答えすることはありません」と明言しなかった。

 週刊文春3月16日発売号で詳報している。

はてなブックマークに追加