昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載近田春夫の考えるヒット

近田 春夫
2017/03/22

カナブーンを聞いてふと思う、若手バンドの技術力が高すぎて逆に大丈夫か?

『Fighter』(KANA-BOON)/『僕の心をつくってよ』(平井堅)

絵=安斎肇

 KANA-BOONと聞いては、どうしても思い出さずにいられないのが、メジャーデビューシングルの『盛者必衰の理、お断り』である。というのもその曲の――今もよみがえってくるのだけれど――イントロのエレキギターのカッティングがなんともいえずカッコよかった。

 俺の場合、jpopのロックバンドというと、なにしろまず、どうしてかその“楽器の音色や演奏という部分”に耳がいくということがほとんどない。

 それが珍しく、このイントロには気がつけばついつい聴きいってしまっていたのだ。そのまんま聴き続けていると、タイトルからもある程度予測のつくような、軽く和のテイストを絡めたつくりではあったのだけれど、着地点を見据えたかのようにも映るその仕上りは見事といってよかった。

 そんなこんなで、俺のなかでKANA-BOONは、俗にいう“引っかかる存在”とはなったのであったが、そのあとのシングルがどれもまぁ悪くはない。のだが、デビュー作と比べてしまうと無難というか、普通に“良質なjpop”にも思えるつくりなものばかりになってしまっていた。それで、段々当初の興奮も薄れていったというのが、俺の正直なKANA-BOONリスナー的タイムラインである。

Fighter/KANA-BOON(SONY)目を瞠るテクといえば千眼美子(もと清水富美加)と話題になった男はボーカルの方でないのに注意!

 てな訳でさて。今週は久々の“KANA-BOON体験の巻”である。『Fighter』がまた俺を興奮させてくれたら嬉しい。

 テレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主題歌とのことであるが、やはりある程度は映像を意識して造られているものなのか。そのあたりの事情は、曲を聴くのにあたってはなんの知る必要もないことではあるが、流れてきたのは、メタル調のアップテンポも刺激的な、いかにもハード系アニメ映像とは合いそうな音であった。

 聴いていてあらためて感じるのは、演奏技術のレベルが大変高いことで、もう、それこそ機械のような正確さには圧倒されてしまうほどである。そうした楽器プレイにこれまたボーカルが負けていない。その両者の音楽上でのせめぎ合いが、この録音の魅力の核をなすものといってもいい。

 とかいいつつもふと思うのだが、それは実は今、なにも別にこのグループあるいはこの曲に限った話でもないだろう。我が国で、ある程度人気を誇っている若手バンド達の技術力の進歩には、本当に目を瞠るものがあるからだ。

僕の心をつくってよ/平井堅(SONY)映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』主題歌として書き下ろされた。

 完璧になるのは勿論悪いことではない。だけれど、この先どのバンドも、述べた意において、あまりに非の打ち所のない、すごい演奏歌唱ばかりになっちゃったら、聴き手の息もいささか詰まろうというものなのではないのか? とかなんとか……。

『Fighter』を聴いているうち、何故だかそんな取り止めのない思いが、俺のアタマのなかを巡り出したのだった。

 平井堅。

 こちらも久しぶりに聴く。良くも悪くもタイトルから想像した通りの音であった。もすこし意外性は欲しいよね。

今週の改革「ますます自民党の一強時代が進みそうな世の中ですが、対抗勢力の雄である日本共産党は、この現代に共産主義を本当に奉じているのかねぇ。最近スローガンとかとんと聞かないもんね。党名で損しているとしたら、せっかく歴史と伝統のある党なんだから、もったいないと思うんだよね」と近田春夫氏。「いっそ、名前を変えるといいんじゃないかな」

はてなブックマークに追加