昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載近田春夫の考えるヒット

近田 春夫
2017/04/05

ムード歌謡界の新星・純烈 あとは性愛的な“訳ありの気配”が欲しい

『愛でしばりたい』(純烈)/『Can't Get Enough』(V6)

絵=安斎肇

 巷で話題とのことで、遅ればせながらお取り寄せを願った次第の、純烈は『愛でしばりたい』である。これがイントロの始まった途端、何か心のウキウキするものがあった。

 曲的には、エイトビート感の強い、俗にいう“後期ムード歌謡”をかなり意識したつくりとなっているのだが、たとえば曲なかのチョイとしたツインリードギターの用い方にしても、笑ってしまうぐらい本当に“あの時代の匂い”がする。というか最近のそれこそ“昭和歌謡”と称されるような類のjpopに時としてついて回る、妙な批評性などなど七面倒くさい、あるいは青臭い自意識(笑)を微塵も感じさせない音なのだ。のっけからサウンドが理屈抜きに私の琴線に触れてきた。

 そうした音響の印象は歌に入ろうとも崩れることはない。それはリードボーカル白川裕二郎の喉の為せる業ということにもなるのだろうがその歌唱、決してフェイクやパロディなんかではない、まさに往年の“銀座赤坂の夜の景色”を、見事堂々と体現してみせてくれているのである。何にせよこのような声の新人(歳はそんなに若くないみたいだが)の登場は、ムード歌謡界にとっては朗報にちがいない。

愛でしばりたい/純烈(日本クラウン)もと戦隊ヒーロー出演俳優などで結成。“スーパー銭湯のアイドル”をキャッチフレーズにブレイク。

 そんな訳で、フィジカルな要素でのアピールに関しては実に申し分のない『愛でしばりたい』なのであったが、注文をつけたくなる部分もない訳ではありません。

 これも理屈ではない話になるけれど、初めてパッと聴いたとき、何か歌詞に描かれている男女の世界が――そういったムード歌謡にしては――子供向け? なんですかね。あっけらかんと軽いようにも思われて、一種物足りなさを覚えてしまったのだ。

 まぁそもそもが、昔からの伝統のあの、夜の歓楽街で働く女給たちとその客筋からなるストーリーなんかでは、今日的にはどうにも臨場感を伴いにくいことも大前提にはあるとは承知の上でいうが、こうしたタイプのムード歌謡の歌詞に絶対に欲しいのが、いわゆる性愛的な視点における“訳ありの気配”だとわたくし信じているんですよね。

 それこそ誰もがなるほどと実感できるような、平成ならではの“夜の盛り場の物語”にでもなっていたのなら……ものすごーい新鮮な景色を楽しめたのになぁと。ハイ。

 ジャケットを見る限りこの人たちがおふざけでこの曲をやってるのはヒシヒシと伝わってくるんですが、それでは勿体ない。次作はなーんちゃってではなく真っ向勝負の水商売ものを聴かせてもらえませんかね。いや大丈夫。殿さまキングスにぴんからトリオと、お笑いからシリアスなムード歌謡に転向して成功した人たちも沢山いるんですから。

Can't Get Enough/V6(AVEX)同グループの2017年初となるシングル。セブンネット春のキャンペーンソング。シングル47枚目。

 あ、そういえば先週ちらっと触れたが、氷川きよしの今のシングルは難しすぎる。これを競作で緊急発売なんてどーよ? 案外売れたりして。

 V6。

 実年齢より若めな感じが若干痛かったかなぁ。逆にうんと老けた曲やったら面白い?

今週の透視「世間は籠池さん一色だけど、テレビ見ていて石原慎太郎さんが家から出てくるシーンがあるじゃない? 石原さんが家から出て車に乗り込むまでを格子塀の外から映しているんだけど、格子の向こうに石原さんという構図でさ、ちょっと何かを暗示している気がしてくるよね」と近田春夫氏。「視点の柔軟性を高めると、テレビはさらに楽しくなるね」