昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 著者は語る

西村賢太が「今作は“北町貫多もの”の中で別格の作」と言い切る理由

著者は語る 『芝公園六角堂跡』(西村賢太・著)

『芝公園六角堂跡』(西村賢太 著)

 作者本人を思わせる作家・北町貫多を主人公にした作品を、すでに50以上発表している西村さん。その「貫多もの」の中で、今作は別格の作だと言い切る。

 表題作を書くきっかけは、2年前の2月にミュージシャンの稲垣潤一氏からライブに招待されたことだった。

「会場になった東京タワー近くの高層ホテルの前面あたりは、僕が歿後弟子を自任する私小説作家・藤澤清造が昭和7年に野たれ死にした場所になるんです」

 かつて貫多は“一人清造忌”と称し、毎年祥月命日の死亡推定時刻午前4時にこの地を訪れていた。しかし著名な新人文学賞(現実では芥川賞)受賞後は、ライブの日まで一度も足を踏み入れることはなかった。

「ただ泉下のその人に認めてもらう為だけに私小説を書き始めたのに、最近は書く理由がずれてきていた。有り体に云えば、名誉欲が勝ってしまっていたんです」

にしむらけんた/1967年東京都生まれ。中卒。19歳で田中英光を知り、私小説に傾倒。29歳で藤澤清造に強く共鳴し、歿後弟子を自任。2004年、同人誌に発表した「けがれなき酒のへど」が『文學界』下半期同人雑誌優秀作となりデビュー。07年、『暗渠の宿』で野間文芸新人賞、11年、「苦役列車」で芥川賞受賞。

 新人賞受賞後はその強烈な個性が注目され、数多くのテレビ出演もこなし、裕福にもなっていく貫多。しかしその為に、月命日の29日に清造の能登の墓所に出向くという長年の習慣を破ったことさえあった。

 改めてその地を訪れて清造の“残像”を感じ、決意を新たにした貫多だったが、話はそれで終わらない。

「表題作では現存する人物に遠慮して、要らぬエクスキューズも付した。これでは書き切ることができなかった、という思いが残り、続く『終われなかった夜の彼方で』を発表しました」

 同作では己の書く意味を問い直し、自ら表題作へのダメ出しを行う。極めて静謐な作だ。続く文庫版、田中英光作品の校訂作業を通し、表題作での決意の再確認を試みる「深更の巡礼」、七尾の、清造の菩提寺が舞台である「十二月に泣く」も同様で、「貫多もの」での読者人気が高い、暴力や性風俗の描写は皆無だ。

「これは自分の為に書いたもので、その種は処女作の『墓前生活』以来。いわば自分の内面の定点観測記に過ぎぬものではあるんです。ひどく野暮な作です」

 と西村さんは言う。一方、

「暴力と罵詈雑言のシーンばかりを無意味に喜ぶ、くだらない“自称”読者にはうんざりしています」

 と、はっきり述べる。

 今作は、サービス精神が一切排除されているだけに、純化された作家の魂に直に触れるような熱さがある。

「あえて夜郎自大に言いますが、これが合わず、何も汲むところがなければ、もう僕の作は読まなくていい。縁なき衆生です」

『芝公園六角堂跡』
北町貫多はミュージシャンJ・Iにライブに招かれ、東京タワー近くのホテルを訪れる。昂揚しながら会場を後にした貫多は、向かいの一画に意を決して足を踏み入れる。そこは、ここ数年避け続けた、大正時代の私小説作家・藤澤清造終焉の地だった(表題作)。なぜ私小説を書くのか。己の原点を見つめる4編。

芝公園六角堂跡

西村 賢太(著)

文藝春秋
2017年2月28日 発売

購入する

 

はてなブックマークに追加