昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

ブームから40年「なめ猫さん」はいつの間にか社会人になっていた 

この人のスケジュール表

source : 週刊文春 2016年4月13日号

genre : エンタメ, 読書

一番上の猫がコタ
©いのうえひなこ別冊ヤングチャンピオン
©SATORU TSUDA

 80年代初頭、改造学ランを着込んだ猫たちが「なめんなよ」とメンチを切る写真が大ブームを巻き起こした。「全日本暴猫連合 なめんなよ」、略して「なめ猫」は、免許風カードからゴミ箱まで膨大なグッズが作られた。それから40年近く時は流れ――。

 彼らはいつの間にか社会で活躍していた。描くのは当時赤子でブームを知らないという、いのうえひなこさん。

「この漫画を描くことになるまで、なめ猫がヤンキー猫であるという設定すらわかっていなかったです。今思うと不勉強すぎですね」

 漫画『なめ猫さん』中心キャラクターである小太郎(コタ)は営業3課で気楽な商社マンとして、後輩社員の嶋くんに先輩風を吹かせている。

「コタはいい加減で無神経、ちょっとズルくて可愛い、人間くさいキャラにしたいです。『釣りバカ日誌』のハマちゃん、『こち亀』の両津さんのような。彼らみたいに愛されたら言うことはありません」

 社畜やニートなど、「今」だからこその話題をからめたものにしていきたいと語る。

「ナメられたら終了なのが“なめ猫”。なめんなよ!と言いながら世間をナメているのが“なめ猫さん”。応援していただけたら嬉しいです」

INFORMATION

なめ猫さん
発売中の『別冊ヤングチャンピオン』5月号より連載開始

はてなブックマークに追加