昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/04/10

飛行機で移動中の時間の有効な使い方は?

池上さんに聞いてみた。

Q 飛行機での移動。機内でどう過ごす? 

 池上さんは海外取材が多いですが、飛行機の中ではどのように過ごしていますか? もし差し支えなければお伺いしたいです。(30代・男・会社員)

A 紙袋にたくさんの本を詰めて・・・・・・。

 長距離の飛行機に乗るとなると、ワクワクします。遠足の前の小学生の気分でしょうか。荷造りをする際、「機内ではあれも読もう、これも読もう」と多数の本を引っ張り出してしまいます。

 その結果、書店でもらう紙袋にたくさんの本を詰めて機内に持ち込みます。 

 機内に入ると、機体が動き出すのを待たずに本を読み始めます。でも、食事が出ると、この間は一休み。映画を見ます。「シン・ゴジラ」も「君の名は。」も「この世界の片隅に」も機内で見ました。アメリカのドナルド・トランプ大統領のロシアとの関係を「ニューヨークタイムズ」や「ワシントンポスト」が追及しているのを見て、かつての映画「大統領の陰謀」を見返したこともあります。

 食事が終わり、映画も終われば、読書を再開……なのですが、腹が膨れると眠気が襲ってきます。上空で気圧が下がるせいか、集中力も欠け、結局寝てしまいます。

 かくして、持ち込んだ本のほとんどは読まないまま飛行機を降ります。何をしているんだか。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム