昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/04/10

池上さん、相手が聞かれたくないことを聞くコツを教えて!

池上さんに聞いてみた。

Q 相手がいちばん聞かれたくないことを聞くコツを教えてください。

 池上さんは、テレビで見ていても、相手がいちばん聞かれたくないことを、ズバッと聞いています。そして、相手も池上さんに聞かれると逃げられずポロッと失言を(笑)。そのコツさえ伝授いただければ、私も交際中の恋人に「奥さんはいるの?」と聞けるかも、なんて思っています。(34歳・女・派遣社員)

A 斜め45度に座ってみましょう。

 テレビの選挙特番でズケズケと質問するのは、相手が政治家だからです。私たちの税金を報酬として受け取り、国民を代表して仕事をしていくことになる以上、選挙で当選した人にあれこれ聞くのは、私の務めだと思います。相手も、逃げるわけにいかないので対応してくれます。その結果、ボロを出す人もいるのですが。

 これが政治家でない一般の人であれば、まずは相手に対するリスペクトを忘れないことです。「あなたのことをもっと知りたいのです」という「知りたい光線」を発しながら、へりくだった態度で質問を重ねます。

 このとき、真正面で向かい合うと、まるで対立しているかに見えて、相手の本心はなかなか聞き出すことができません。

 ところが、斜め45度の位置で座ると、対立関係ではなくなり、親近感が増します。この位置関係で親近感が増したところで、聞きたいことをさりげなく持ち出したら、どうでしょうか。

大事なことは相手に対するリスペクトを忘れないことです。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加