昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

14歳・藤井聡太四段 対コンピューター戦と“年度内タイトル”への思い

©共同通信社

 昨年10月、史上最年少の14歳2カ月で史上5人目の中学生での将棋のプロ棋士になった藤井聡太四段(14)が週刊文春のインタビューに応じ、近年話題になっているプロ棋士とコンピューターとの勝負や、人間同士のタイトル戦への思いを語った。

 プロ入り後も新記録となる公式戦11連勝(4月12日現在)を飾った藤井四段。4月1日に佐藤天彦名人(29)が最強の呼び声高いコンピューターソフト「ポナンザ」に負けてしまったが、ソフトとの対局についてどう考えているのか。

──ソフトの存在は脅威ですか?

「強くなる為のツールという感じです。研究用に私も一応活用しています」

──ソフトとの勝敗は?

「(ソフトの能力は)パソコンのスペックによって変わりますので。私はそんなに凄いスペックのパソコンを使ってないので、勝ち越すくらい……まではいかないです(笑)」

──最強のソフトと言われるポナンザと指したら勝てると思いますか?

「人間と比べるとコンピューターの能力の進化は限度がないです。そういう意味では人間とコンピューターが勝負する時代ではなくなったのかなと思います」

 一方で、「1年以内にタイトル(6タイトルへの挑戦可能性あり)を獲る自信はありますか?」と聞くと、堂々とこう答えた。

「まあ、6回チャンスがありますから」

 詳細は4月13日(木曜日)発売の週刊文春が報じる。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで4月13日より全文公開します。

はてなブックマークに追加