昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「天皇の理髪師」が語る、商品説明にも載っていない正しい育毛剤の使い方

「点」ではなく「線」で塗る。ハゲ進行を食い止める簡単な方法

 親子三代にわたる「天皇の理髪師」として、10年にわたり天皇、皇太子の御理髪掛(ごりはつがかり)を担当した大場隆吉氏は、日本でいちはやく頭皮ケアに注目した専門家の一人だ。

 大場氏が代表を務めるOHBAの頭皮診断の実績は10万件を超え、頭皮のケアは薄毛予防だけでなく、美容や健康に役立つとして、独自の「触れ方」と理論に基づいた頭皮ケアを提案している。大場氏に、育毛剤の選び方、正しい使い方を聞いた。

◆◆◆

抜け毛が多い日は、毛の太さ・長さを観察しよう

大場隆吉氏 ©釜谷洋史/文藝春秋

 春は、ストレスや不眠・生活環境の変化により、抜け毛の多い季節です。

 シャンプーの時に排水溝に溜まった抜け落ちた髪の毛を見て、このままハゲたらどうしようと不安になることもあるでしょう。

 でも、そんな時こそ、抜けた髪の毛の量ではなく、抜けた髪の毛の長さと太さを観察してみてください。

 抜けた髪が、今生えている髪とほぼ同じ長さや太さであれば、「自然のサイクルで抜けた髪の毛」です。もし、とても短くて細い髪の毛だったら、「自然のサイクルではない抜け毛」の可能性があります。髪が十分に育つ前に抜けているということですから、薄毛対策を考えましょう。

育毛剤を振りかけるだけで満足していませんか

 頭のてっぺんや額の毛量にもの足り無さを感じている人に多いのが、「一本でも髪の毛が抜けるのが嫌だから、シャンプーをせず、育毛剤だけを振りかけている」パターン。これはやってはいけません。

 頭皮、特に抜けやすい頭のてっぺんや生え際は、髪の毛の栄養となる血液が届きづらく、栄養不足に陥りやすいため、抜け毛になりやすい場所です。

 心臓から流れる血液の長い旅の果てが、頭頂部。

©文藝春秋

 しかも、頭頂部には血液を送り届ける「ポンプ」となる筋肉がなく、「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)」という筋膜で覆われているため、手で優しく触れ、動かしてあげないと血液が行き渡りにくいのです。ジョギングしても、ヨガをしても中々動かないのが、頭頂部なのです。

 だから、頭頂部や生え際が一番抜けやすい、ハゲやすいのです。

 もうお分かりですね。

 頭のてっぺんまで、せっせと毎日血液を届けてあげるように意識して動かしてあげれば、一番の薄毛対策になるのです。

 シャンプーは、頭皮を動かす最適な時間です。育毛剤だけに頼らないで、正しく触れてあげる習慣をつくりましょう。

育毛剤の役割

 そもそも、育毛剤の役割とは何でしょうか。

 育毛剤は、血行をよくしたり、痒みを止めて炎症を防止したりと、頭皮の環境をつくるのにはとても大事なものです。

 ドラッグストアや美容室で、いろいろなタイプの育毛剤が販売されているので、どれが自分に合っているのか、ほんとうに効果があるのか疑問をもつ方も多いと思います。

 育毛剤には、頭皮を清潔にするアルコールを含むタイプが多くあります。つけるとスーッとする育毛剤はこのタイプです。そのほか、髪の毛の成長に必要な毛母細胞に働きかけ、細胞分裂を促すことで髪の毛を育てる・生やす成分が配合されています(薬用・医薬部外品)。

 また、最近の育毛剤には、血液の流れを良くするビタミンEやAが配合されているほか、頭皮の保湿、炎症防止のためのセラミドやヒアルロン酸などが多く含まれています。

頭皮は「土」のようなもの

©iStock.com

 髪の毛の発育にとって、頭皮の環境はとても大切です。

 頭皮の環境は、植物の育つ環境に例えるなら、「プランターの土」。誰でも、植物を元気に育てたい時は「適度に水分を含み、たっぷり栄養のある土壌」を準備すると思います。

 髪も全く同じで、頭皮という髪の土壌づくりが一番大切。その土壌づくりに役立つのが育毛剤なのです。

 育毛剤のタイプで迷ったら、「保湿成分+血行促進成分」がしっかり入っているものをお薦めします。

はてなブックマークに追加