昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載近田春夫の考えるヒット

近田 春夫
2017/04/19

秋元康とスタッフにすきま風か? 欅坂46の新曲『不協和音』を深読みする愉しみ

不協和音(欅坂46)/インフルエンサー(乃木坂46)

絵=安斎肇

 いつからか。我が国で音楽アイドルといえば、イコールほぼ間違いなくグループだ。少なくとも俺はここ数年、ソロのデビュー話なんか耳にしたこともない。この風潮の源流をどこに求めるかには諸説あろうとも思うが、こと女子に限って申すなら、AKB48の出現以降、より一層傾向の収斂に拍車のかかったことだけは、なんぴとたりとも否定が出来まい。

 背景にはきっとそれなりの社会的必然もあったのだろう。が、そうした現象についての分析となるとこのわたくしにはいささか荷が重過ぎまする。そこはひとつ学者のみなさんや音楽評論家の方々にお任せするといたしまして、おりしもまさに、そのAKB48無くしては決して結成されることもなかったであろう、乃木坂及び欅坂両46の新譜が出揃ったところではある。

 今週は、こちら二曲を聴き比べての感想などでお茶をにごさせていただければと……。

不協和音/欅坂46(SONY)作詞:秋元康・作曲:バグベア。昨年のデビュー曲『サイレントマジョリティー』に通じる歌詞世界。

 共通点だが、まず作りがダンストラックだということだ。しかしキックが四つ打ちな点以外、音楽的方向性には――一方がバブリーなディスコならもう片一方は今時のクラブといったところだろうか――さほどの競合感はなかった。そのあたり、さすがにセグメンテーションはきっちりとなされているようだ。

 歌詞では、ともに一人称が――最近の秋元康では定番の――“僕”の設定になっているが、これもまたそこに描かれた景色/コンセプトということならば、二作品がマーケットで食い合ったり、衝突したりといったことのなさそうな感じに、ちゃんと書き分けがなされている。

 今回新曲を聴いた限りではあるが、乃木坂、そして欅坂、それぞれの路線、持ち味には、思っていた以上の明確な違いがあった。後はもう好き嫌いの話だけになってしまうかも知れないが、個人的には、歌詞のインパクトの強さで、欅坂作品に軍配をあげたい。

 というのも、何度かこのページでも触れたことがあるけれど、俺には秋元康の書く歌詞を眺めていると、何だかその心のうちにあるものが透けて見えてしまうような気にさせられる時がある。

インフルエンサー/乃木坂46(SONY)作詞:秋元康・作曲:すみだしんや。白石麻衣・西野七瀬のダブルセンターが話題に。

『不協和音』の歌詞からどうしても感じてしまうのは、秋元康とスタッフの間にはなんらか隙間風が吹いているのではないかということである。かつてとは違い、意見の衝突などで孤立を実感することも増えた。読めば読むほどこの歌詞、そのような状況下の自身を鼓舞するために書かれたものに思えて仕方がないのだ。その行く手には何だか大変なことが待ってるんじゃないんすかね? なーんちゃって。

 いや、あくまでもそんな気分にさせられるということで、本当のところがどうなっているのかなんて、俺ごときには知りようもありませんが……。

 この、アイドルが歌うにしては聴き手の焦燥感などをあまりにかきたててしまう世界は、果たして業界のトレンドとなれるのか? そこはちょっと楽しみでもある俺だ。

今週の転職「ずーっとロックンローラーの肩書きでやってきたオレだったけど、この春からは画家として生きていこうかと真剣に考えているんだよね」と近田春夫画伯。「実はこれまで描いてきた自分の絵が、イメージフォーラム・フェスティバル2017(アート系映画祭)のポスターに選ばれて、画家デビューです。Webでも公開されているから、見てね!」