昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ほしよりこ
2017/04/26

ほしよりこさん、新社会人が読むべき本は何ですか?

ほしよりこさんに聞いてみた。

Q 社会人1年目が読む本は?

 大学を卒業して春から社会人になります。これからは本を読む大人になりたいと思っています。まず何から読めばいいでしょうか。これまで小説はほとんど読んだことありません。(20代・男性・大学生)

A 「取り扱い説明書」です。

 私はおススメの読物を紹介してほしいと頼まれたから必ず答えるのが「取り扱い説明書」です。家電でも車でもなんでもいいのですが、あれを隅々まで読まれると新しい発見がかなりあるし、取り扱い説明書を完読出来た人はどんな書物も読み込むことができると思います。それから料理のレシピ本などもいかがでしょう。それも写真がなるべく少ないか、ほとんど写真での説明がないものが良いと思います。人に何かを説明しようとしている文章にはイマジネーションをかき立てる表現が曖昧な形ではなく実直で簡潔に使われている気がします。お菓子の本などは、化学実験に近い部分もあるので、あなたが料理をほとんどしたことがないのであれば、完成系までのちょっとしたミステリーのように読めるかもしれません。
 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

はてなブックマークに追加