昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“百獣の王”武井壮が女性と訴訟トラブル

 ゴリラやライオンなどを素手で倒す“妄想ネタ”でブレイクした、自称“百獣の王”のタレント武井壮(43)が、交際相手の女性から訴えられていたことが週刊文春の取材で分かった。

 武井は2004年にオリンピック出場歴がある女性アスリートと結婚するも、一年あまりで離婚。その後、武井のファンだった田中瞳さん(仮名)と07年ごろから交際していた。

 田中さんの知人が語る。

「武井は瞳さんや知人とTという会社を設立したそうです。武井が代表で、瞳さんは77万7777円を出資して役員になった。武井の旅行代、服飾代、ラブホテル代等も瞳さんが払い、彼に貢いだ金額は300万円にものぼると聞きました。ところが武井が浮気していたことを彼女が知り、訴訟沙汰にまで発展したのです」

 2011年に起こされた裁判では、武井の130万円におよぶ借金問題を中心に争われ、武井がトータル42万円を月5000円ずつ分割で田中さんに支払うことで和解している。

 武井本人に話を聞いた。

──田中瞳さんとトラブルになった原因は浮気?

「そうですね、お恥ずかしながら。レースクィーンのかたとですね」

――浮気性な部分がある?

「どうでしょうか。結構、すぐ好きになるかもしれないですね。底は浅いけど。『百獣の王』と言ってるくらいですから獣です。肉食ですからお察し頂いて」

――瞳さんに300万円貢がせた?

「瞳さんが支払いをしてくれることが多くて、そこに甘えていたのは確かです」

──130万円の借金については?

「瞳さんに『事業資金を会社の口座に移す』と言われ印鑑を預けた。そうしたら210万円を下ろされて、急に『浮気しているわね。慰謝料としてもらいます』と言われた。彼女の出資した約80万と慰謝料130万で210万円。後日、『会社の金だから本当に困る、130万円だけ返して欲しい』と話をしたら、返してきて、『借用書を書け』と言われた」

本誌の取材に神妙な面持ちで応じる武井 ©文藝春秋

 こうした借金問題に加え、訴状に書かれている「DV疑惑」などについて、4月26日(水曜日)発売の週刊文春が詳しく報じる。

はてなブックマークに追加