昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

一橋大大学院に進学 シールズ奥田愛基は「政治学を猛勉強中」

最近は共謀罪に関心を示している ©平松市聖/文藝春秋

「どうでもいいなら、総理を辞めろ!」

 2015年夏。安保法制をめぐり、反安倍デモに集まった数万人の聴衆の先頭で、シュプレヒコールを上げていたのが、学生団体「SEALDs」(以下、シールズ)のリーダー的存在だった奥田愛基(あき)氏(当時23)だ。シールズは昨年8月15日に解散したが、奥田氏は今、何をしているのか。

◆ ◆ ◆

「奥田君は昨年3月に明治学院大学を卒業後、一橋大学の大学院に進学。現在は政治学を専攻しています」

 とその近況を明かすのは、奥田氏を取材してきた社会部記者だ。

「シールズの活動を通じて今の政治状況を間近に見聞きし、今一度、政治を体系的に勉強しなくてはならないと思ったようです。シールズでの活動の傍ら、一橋大学の大学院一本に絞って受験勉強をしていました」(同前)

 大学院の面接では「色々と忙しそうだけどちゃんと勉強できますか?」とも聞かれたという。

「本人は『落ちたらどうしてたんでしょうね?』って笑ってましたけど、相当勉強したようです。シールズと同年に立ち上げた市民参加型のシンクタンク『ReDEMOS』の活動は今も緩やかに続けているようですが、シールズ解散後はメンバーともそれほど連絡は取っていないみたいですね」(同前)

 来年大学院を卒業するという奥田氏。大学卒業時には、政治家への転身や、マスコミへの就職が囁かれたこともあったが――。

「本人は常に自身の発言がウェブなどで取り上げられるため、皮肉で『産経新聞に入ります』と発言したこともありましたが、メディアへの就職はないでしょう。政治家についても、以前『僕、スパゲティが好きなんですけど、スパゲティ屋にはなりませんよ』と語っていたように可能性は低いと思います。進路についてはまだ白紙のようです」(メディア関係者)

 LINEを通じて本人に取材を申し込んだところ、「近況は特に面白いことはないですよ」とのみ返信があった。そこで北九州市で牧師を務めながら長年ホームレス自立支援活動に取り組む父親の奥田知志氏に話を聞いた。

「返信がないのは本当に話すことがないんじゃないですか(笑)。親としては正直ハラハラドキドキしながら(シールズの)活動をみていました。解散後も特に感想は言わず、淡々としていて“これからは勉強するんや”って言うてましたよ。やっぱり今は自分のエネルギー、知識思考を貯めたいんじゃないですか。本人も自著に書いてますが、彼は中2の時にイジメられ、大変な目(自殺未遂)に遭った。ですから、今後、何をしようと元気で生きているだけで親としては有難いと思っています」

“充電”後の奥田氏の動向に注目したい。