昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

櫻井翔と小川彩佳アナ 六本木ヒルズ高級イタリアンで個室デート

ジャニーズ事務所は「小川アナは親しい友人の一人」 ©文藝春秋

 トップアイドル「嵐」メンバーの櫻井翔(35)と「報道ステーション」(テレ朝系)のキャスターを務める小川彩佳アナ(32)。“エリート熱愛”が発覚したのは、今年2月中旬、2人が小川アナの自宅などで逢瀬を重ねる場面を捉えた「週刊ポスト」のスクープによってだった。

◆ ◆ ◆

 櫻井と言えば、元総務事務次官の父を持ち、慶応幼稚舎から慶応大学を卒業した超エリート。一方、青山学院大学卒業の小川アナも慶応大学病院の診療部長を父に持つ医者家系のセレブだ。小川アナを知る報ステ関係者がこう話す。

「小川アナは基本的に天然キャラですが、姉御肌なところもあります。以前報ステを担当していた後輩の宇賀なつみアナ(30)を番組終わりに食事に誘って悩みを聞いたり、女子会を催したりしていました。櫻井さんと付き合う前は、同期の女の子に『誰かいい人いないかな?』と聞いて回っていましたね」

 現在、テレ朝社内には“祝福ムード”が漂っているという。

「交際は順調に続いていると聞いています。櫻井さんは小川が仕事に出ている間も彼女の自宅に滞在することがあり、生放送が終わって深夜12時半過ぎに帰ってくる彼女を待っているというのです。以前の彼女は金曜ともなれば番組ディレクターらとテレ朝から徒歩数分の焼肉店に繰り出すことが多かったのですが、最近はまっすぐ帰るようになりました」(テレ朝関係者)

 そんな小川アナが櫻井と愛を深めたのは、“特別な店”だったという。

好きなタイプは“ジョン・ボン・ジョヴィ”

「芸能人が多く利用する六本木ヒルズ内にある高級イタリアンです。彼らはお忍びでやってきては個室で逢瀬を重ねていました。名店『アッピア』で修行したシェフの料理が評判の同店は、もともと小川アナの父の医者仲間が父娘に紹介し、家族ぐるみで懇意にしていた特別な店。1人2万円はくだらない高級店ですよ」(飲食店関係者)

 4月上旬。東京都内のマンションの一室に櫻井の姿があった。この日、櫻井は慶応大学OBの会社経営者が主催したホームパーティの席でワイングラスを傾けていた。

 櫻井を知る別の会社経営者が次のように証言する。

「慶応OBが中心で、元日本テレビアナウンサーの馬場典子さんの姿もありました。櫻井くんと同様目立っていたのは、4月12日の決算会見で会長辞任を発表したローソンの玉塚元一氏。玉塚氏は慶応幼稚舎出身なので櫻井くんの大先輩にあたります。櫻井くんはワイングラスを片手に終始楽しげに歓談し、ワインクーラーを運ぶ雑用も快く引き受けていましたね」

 その様子からはプライベートの充実ぶりが見て取れたというが、“ゴールイン”は近いのか。

「実は先日、櫻井とNEWSの小山慶一郎がメインパーソナリティを務める8月の『24時間テレビ40 愛は地球を救う』(日テレ系)のテーマが発表されたんですが、何と『告白』(笑)。意味深すぎる、と早くもファンがザワついています」(スポーツ紙記者)

「嵐を呼ぶ男」となるか。

はてなブックマークに追加