昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

マッチョ好きにはたまらない 「ワイルド・スピード ICE BREAK」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

アメリカ政府のミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)から極秘任務を任されたドミニク(ヴィン・ディーゼル)とレティ(ミシェル・ロドリゲス)、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)ら“ファミリー”がベルリンに集結する。任務終了直前で、ファミリーはまさかのドミニクの裏切りに遭う。サイバーテロリストのサイファー(シャーリーズ・セロン)が黒幕だと突き止めたレティたちは、サイファーに恨みを抱く最強の敵デッカード(ジェイソン・ステイサム)をチームに引き入れ、テロ計画を阻止してドミニクを取り戻そうと試みる。

〈解説〉

シリーズ第8弾。海上の氷を突き破る潜水艦とのチェイスなど、迫力のカー・バトルが展開する。『ストレイト・アウタ・コンプトン』のゲイリー・グレイがシリーズ初監督を務める。136分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆カー・アクションと撮影の凄さには感心するものの、自己陶酔型マッチョ(しかも2トップ)というのが苦手で、乗れず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆心理の枷など外し、もっと奇想天外なアクションで押してほしかった。悪役も意外性不足。P・ウォーカーの穴は大きい。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★冒頭場面から心が躍る。空撮から地を這うカメラアングルにも興奮。車が勝手に動き出すゾンビタイムは大迫力の怖さ。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆話は時折停滞するが、職人監督グレイの活劇魂に燃える。亡きポールの分まで頑張ったクルーに敬意を表して星1つ追加。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆キューバのホッドロッド! コルヴェットC2の赤! ヘレン・ミレンの参戦! 悪役セロンにカーチェイスとお色気が欲しい。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©Universal Pictures
INFORMATION

「ワイルド・スピード ICE BREAK」(米)
4月28日(金)より、全国ロードショー
監督:ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、シャーリーズ・セロン、カート・ラッセル ほか
http://wildspeed-official.jp/

はてなブックマークに追加