昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「天ぷらを冷ます男は許せない」―直木賞作家3人が語る“食のこと”

江國香織×井上荒野×角田光代

source : 文藝春秋 2015年4月号

genre : フード, グルメ, ライフスタイル, 読書

「肉の会」を開催し、本場の肉を食べるべく韓国まで遠征もするという直木賞作家のお三方、江國香織さん、井上荒野さん、角田光代さん。作品の中でも数多くの“食”を描いてきた3人が、“母の味”や“食から見える人間関係”、“最後の晩餐”など食の魅力を語りつくす。
(出典:文藝春秋2015年4月号)

「肉の会」を開催する3人の女流作家

井上 月に1回、私たちが「肉の会」を開催しているというのを、編集部がどこからか聞きつけたようで、お声がかかった次第です。

角田 毎月、お店を変えておいしい肉を食べているだけなので、話せるようなことは何もないかも。仕事の話もまったくしませんね。

井上 そもそもは、江國さんから「美味しいすき焼き屋さんがあるよ」と聞いて、何人かで行ってみたのが始まり。もう7、8年前になるかな。だから、最初にすき焼き屋さんを見つけた江國さんのお手柄です。

江國 お手柄? そうかな(笑)。

井上 角田さんは何回目から参加していましたっけ。

角田 私は5回目からです。御茶ノ水の「焼肉ランド マルタケ」。美味しくて、衝撃的でした。お肉を運んでくる店員さんの指がプクプクしていて、その指からして美味しそうでした(笑)。

江國 去年、「肉の会」100回記念を祝って、ついに韓国まで遠征しましたね。こうまで焼肉を食べてきたら、本場、韓国に行かねばなるまいということで(笑)。

角田 サムギョプサルを食べるために1泊だけ。

江國 しかも、現地集合。大雪の日で、飛行機も遅れたり飛ばなかったりしていたのに、全員ちゃんと時間通りに来ました(笑)。

初めての食事は「美しい友情」のはじまり

江國 食べ物の記憶って残りますよね。私、初めて会った時に食べていたものを、何故かよく覚えているんです。

 角田さんと出会ったのは鯨料理のお店。大人数だったので、別々のテーブルに座っていたのですが、角田さんに話しかけたくて挨拶に行ったんです。そうしたら角田さんから、唐突に「江國さんが一番好きな食べ物は何ですか?」って聞かれて。挨拶で一番好きな食べ物を聞く人も珍しいなと思ったんですが、正直に「果物」と答えたら、「えーっ。全然ダメ」って言われちゃった(笑)。

作家の江國香織さん ©細田忠/文藝春秋

角田 たぶん、酔っていたんです。

江國 「じゃあ角田さんは?」って言ったら、「豚肉」。その時に、「負けた」と思いました。何に負けたのか分からないけれど(笑)。

井上 それ、私も角田さんに初めて会った時に聞かれた(笑)。私は「羊」って答えました。そうしたら、角田さんは「それなら良し」という顔をして、「私は豚です」って。

江國 羊と豚なら良い勝負だね。そうか、あの質問は試金石だったのか。

角田 その後、江國さんがいかに果物を必要としているかよく分かってきました。果物しか食べないコウモリがいるのをご存知ですか。そのコウモリのことを知ったとき、江國さんみたいでカッコいいなあと思いました。

作家の井上荒野さん ©細田忠/文藝春秋

江國 荒野さんに初めて会った時は、鶏そば。2人でフェミナ賞を受賞したとき、グラビア撮影で会ってはじめてきちんと話をしました。

井上 私も覚えてる。六本木のスタジオでね。

江國 お互い担当編集者もまだついていなくて、ポツンと1人で控え室にいたから、ちょっと心細かった。そうしたら、いきなり荒野さんが私の控え室にやってきて、「ねえ、私たち、お友達だよね?」って言ったの。

角田 可愛いですね。

江國 それで私が「うん」って答えたら、「今ね、カメラマンさんに、江國さんとはお友達なの?」って聞かれて、「うん」って言っちゃったから心配になったと(笑)。

角田 荒野さんらしいです。

江國 それで撮影後に、荒野さんが鶏そばの美味しい店があるって連れて行ってくれた。それが六本木通りにあった「香妃園」でした。

井上 そうでしたね。

作家の角田光代さん ©細田忠/文藝春秋

江國 美しい友情の始まり。美しい、は自称ですが(笑)。

角田 荒野さんは初対面の人に会うときに「お正月にはどんなお雑煮を食べるの?」と聞くと、エッセイ集『荒野の胃袋』に書いてますね。

井上 そう。それこそ試金石です(笑)。「普通です」と言われると、ものすごくガッカリする。

江國 お雑煮に普通はないよね。